【治安】ストリートのルール

【治安】ストリートのルール

今、海外留学における環境は以前よりも治安が悪くなっていると感じる。

こんにちは、コウダイです。残暑厳しい日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?

春から夏にかけ、暖かくなれば暖かくなるほど、おかしな人が街に増えてくるというのは今に始まった事ではありませんが、暑すぎて外にいられないければ、むしろ外に人が出ないのかもしれません。

日本が銃社会でない事は周知の事実ですが、それ以前に定期的に車が歩道に突っ込んできたり、電車内で刃物を持って暴れたり、爆弾を爆破させようとしたり、定期的に無差別的なクレイジーな事件が起こる事は誰でも知っている事でしたので、ちょっとした無差別事件の場合であれば、恐いなと思うと同時に自分がそこにいなくて良かったと、その都度ほっとするばかりです。

おかげ様で今や旧統一教会の話で溢れ、9月中秋の中国節のイベントMoon Festival(月餅祭)のちらしを見ても、ドクタームーンやらマザームーンなどが頭に浮かんでしまいます。(苦笑)

旧統一教会の事なんか、せっかく忘れかけてたのに、と思いつつも今も苦しんでいる人がいる現実を目の当たりにしたりすると、「あいつ、どうしてるかな?」と中高時代の同級生で、急に親が信者になって大変そうにしていた友人が思いかびます。「あいつ」のことだから大丈夫と思いつつも、「まだ」忘れてはいけない事なのだと思うと残念です。

宗教の問題は元より、発端そしてきっかけとなった今回の安部元総理の暗殺事件は「無差別」ではなく、標的を定めていた狙撃事件、いわゆる、Targeted Shootingだった事の方が大きな衝撃でした。

最近でそういった怨恨による派手な事件で思い出せるのは、昔に遡って2013年の王将社長の射殺事件以来です。と、改めて振り返ってみると、メディアでは、「銃のない日本」で、と取りただされていますが、この王将射殺事件は9年前くらいですし、この時は完全にプロ反社の犯行のようでしたので本物の銃であった事は間違いありません。日本なのに、ですよね。

しかし、あれほど大きな事件だった、安部元総理暗殺ではありましたが、その前日や前の週には米国の独立記念日のパレードでの乱射事件やイリノイ州での乱射事件が起き、その翌週にはカナダのバンクーバー郊外の街で銃撃事件が起きたり、小さな斧(マシェーテ)を振り回す無差別的殺傷事件が起きたり、世界は中々過激な事件で埋めつくされていきます。

もう昔の事になってしまいましたが、911のテロで戦争が始まり、アルカイダやイスラム国がテロを起こしていた時期には、人が集まる所にいくとテロの危険があるから行かないようにと人々が自粛をしている時期もあったのですが、あの頃を思い出してしまいます。

正直、コロナ明けつつの世界の今、人が集まっている状況を見たりお祭りを見れば嬉しくなってしまい、行って見たくなってしまいますが、実際問題コロナへの新規感染リスクがあります。しかし、それ以前はテロや乱射事件のリスクもあるのであれば、むやみやたらに計画性なくリスクがある場所に近づく事は危険を伴う事でもあるという教えを受けていた事を思い出さなければなりません。

まして留学生の夏は日本と異なり、例え安全であると言われているカナダやオーストラリアであっても、フェスティバルや花火など人が集まる場所では盗難リスクが増えてきます。当然のことながら、無防備感丸出しで、例えばきちんとチャックを閉めていなかったり、財布や現金をちらちらと見えるような場所に入れていたりすれば、しっかりとプロがチャンスを伺いながら近づいてくるというわけです。

しかし、ここで重要な事は、相手は「プロ」であるという事です。魔が差して手が出てしまう素人ではありません。百戦錬磨の覚悟や失うものなどない「プロ」です。例え、盗まれた事が分かったとしても、その「プロ」である相手とまともに対峙して、「アマチュア」のターゲット(標的)が無傷&ゼロリスクで解決出来ると考える方が間違っている、と考えなければいけません。

これは、おおげさでも何でもなく、「現実」であり、理想や希望で物事は解決出来ない事が、日本の外に存在するという事を十分に認識して頂く必要があるものです。物事は全て最悪のケースを想定して考えなくてはいけません。

①ケーススタディ

【事例 -1】友人(男性)がバンクーバーの公共交通機関であるスカイトレインに乗車中に、一緒に同行していた女性のスマホを盗られ取り返そうとしたところ、返り討ちにあってそのまま入院してしまった。

【考察 -1】まず自分がターゲットとなってしまった場合、それは偶発的に発生したものではなく、それなりに計画的又は何かしらの要因がトリガーとなって実行されたものであると考える必要があります。

今回の場合は、ターゲットである女性のスマホが無防備であったという事だけでなく、その周囲にいる女性の友人、つまり今回返り討ちにあってしまった男性の事も把握した上で、ケンカ等フィジカル部分での勝機を見極めた上で実行したと考える必要があります。犯人は決して初めての犯行ではないでしょう。

と、考えた場合、いくらスマホが盗られてしまったとしても、まともにやりあったらお互い痛み分けになる事はあっても、無傷で勝てる可能性はほぼありません。まして、相手が凶器を持っていたらどうでしょうか。そう考えたら、命が無事であれば、それだけを感謝し痛みと引き換えに二度とこのような事がないように危険を察知する努力やとっさに諦める潔さの大切さを噛みしめる必要があります。

②ケーススタディ

【事例 -2】友人(女性)が荷物を盗られそうになり、追いかけて相手を殴打、無事に取り返す事は出来たのだが、自身の拳(男性)を骨折してしまった。

【考察 -2】この荷物を強引に奪うタイプのやりかた、これはほぼ「強盗」です。度々耳にする話ですが、実際にストリートで起きた話を聞く度にヒヤっとします。相手は「強盗犯」ですので、単純な狡猾な犯人と異なり、強引に行く犯人の方が大抵タチが悪いと考える必要がありますが、無理矢理取られるケースに限って、追いかけて取り返そうとしてしまいがちです。

MMAや格闘技などで、ベアナックル(素手)で本気で殴るのは危険であるという事もちろんなのですが、それ以前にグローブをつけないと、自分の拳を骨折してしまいやすいからと聞いていました。

ストリートの格闘であり、拳を折る程強く殴る位ですので、壮絶な現場だった事が想定されます。相手が死に至らなければ良いですし、盗難の犯人が変なドラッグ中毒だった場合、はずみで亡くなってしまえば、いくら自分が悪くなくても裁判沙汰になってしまいます。本当に自身の骨折程度で済めば、幸運であったといえます。

正当防衛は大事ですが、万が一の事を考えて、犯行のターゲットとして手を出されてしまったら、強引に奪い返さないようにする事を心がけて下さい。

もっとも大切な事は「標的」にならない事です。英語圏においてよそ者の言語である母国語(日本人の場合は日本語)で目立たないようにしたり、あからさまに油断したり、酔っ払いすぎてしまうのもいけません。楽しすぎて浮かれてしまいすぎるケースもありますが、常にひとりひとりがどこかで気持ちを引き締めて行動する事が大事です。腹八分ではありませんが、幸福感、ハッピーもテンションもMAX前の80%までにし、自己防衛力、自己管理力への割り当てられるように余力を残すのを忘れないようにしましょう。私自身もそうですが、久々に海外に出るとうっかり楽しくなりすぎて浮かれてしまっているにも気づかず、周囲が見えなくなってしまう事があります。そんな時って滅多にないのですが、そんな時に狙い済まされたかのようにトラブルに見舞われる事って本当にあるのです💦 

これは留学が怖い事、海外が怖いという事を助長するものではなく、海外は日本とは異なり、母国ではなく自分の国に守られている事わけでもありません。しかし、こればかりは実際に体感してみないと分からないものなのかもしれません。

危険な状況にあった時、場合によっては大きな声で周囲に助けを求める事も有効かもしれませんが、まずは全てにおいて、「命」が最優先である事を考え、とにかくその場を離れて「逃げる」という動きをインプット。気を引き締めて残りの夏を楽しみましょう!

 

【初夏】ジャズ三昧の時期到来

【初夏】ジャズ三昧の時期到来

ジャズは単なる音楽ではなく文化であり、教養なのである

こんにちは、コウダイです。5月も終わりにさしかかり、夏の匂いと梅雨の気配を感じ始めれば、いよいよやってくる夏のイベントの準備に忙しくなってきます。果たして今年の夏の花火大会や夏祭りは開催されるのでしょうか?

日本には夏が来る前の梅雨の時期がある関係から、どうしてもイベント等が開催されるのが7月以降に集まりがちなのですが、所違えば季節も変わり、欧州や北米の6月は晴天に恵まれる事が多く、1日で日が最も長くなる夏至を中心に6月、7月を”Summer”と言います。もちろん、南欧の国やLAやフロリダなどでは8月でも最高の夏を味わえるのでしょうが、実際に夏至を境に日は短くなっていくわけですし、北欧や北米のカナダやアメリカ北部の州は8月は下旬になれば、少しずつ夜に冷える日が続くようになってきます。

そして、もうひとつ6月〜7月が”Summer”であると感じられるのが、主たる教育機関の「夏休み」が6月、7月、8月にまたがって存在するからでもあります。しかし、8月は後半にもなれば学校登校日が存在したり、新しい学年の始まりである9月からは新生活の準備が忙しく、新入生は8月下旬よりオリエンテーションが集中していたりする事も珍しくありません。

つまり、欧米の9月から始まる新学年とは、事実上8月後半から開始している事となり、夏休みモードは8月前半まででフェードアウトしていくという事でもあります。

日本では7月末から夏休みが始まったばかりであり、大学生に至っては9月半ばまで続く学校も多々あります。8月半ばといえば、お盆があり、やっと休みの折り返し地点であるというのですが、カナダやアメリカ北部の留学生活では、お盆が終わったらいよいよ学校開始が目前になり、「学習モード」へ切り替える時期に入ります。

そこで、やっと本題である6月とは、まさに夏休みの開始時期であり、夏の入口です。梅雨がない国では各地でイベントやフェスティバルが始まるのが6月からであり、脱マスク化が進む海外では、今年の夏のイベントは観光客商戦も始まり、どこの地域もヤル気満々です。

中でも規模が大きく、個人的にも大好きな一体型イベントである、Vancouver Jazz Festivalは参加しやすさ等も含め至高のボランティアでだと思います。今風に言えば、「コスパ」と「タイパ」が良いとでも言うのでしょうかもしれませんが、「お得感」はもちろんの事、リラックスした西海岸の都市ボランティアでの一体感や参加型イベントの醍醐味で味わえる感覚は唯一無二であり、長い人生の間において体験して全く損のない、大きなチャレンジでもあります。

大型イベントボランティアは少々緊張しますが、丁度6月に行われるジャズフェスには、夏休みに入ったばかりの高校生や新しく大学やカレッジに進学するティーンエージャーもいるかと思えば、リタイアした70過ぎであろうシニアも皆楽しく参加しているのが印象的で、友人を誘って参加出来る為、留学生の参加者も沢山います。

私が始めて、Vancouver Jazz Festivalのボランティアに参加したのは、語学学校の日本人カウンセラーの仕事をしていた時に、バンドをやっていた音楽好きの同僚の先生に誘ってもらったのがきっかけでして、彼曰く、「裏方の仕事をしろ!」との事でした。そうすれば、「当日本番のJazz Festivalの日は自分もイベントに参加できるから」だそう。

もちろん、事前に「舞台裏」を見る事が出来るので面白いですし、昼間や営業時間外に搬入するライブハウスやシアター、時にはナイトクラブ等の「ハコ見学」は非常に興味深く、建物の外観からは想像が出来ない世界が広がっています。

それからというもの、私もタイミングさえあれば、Jazz Festivalのボランティアを積極的に参加するようになり、ジャズフェスTシャツを始めとした特典を楽しんでいます。何よりも私の場合は留学エージェントである立場上、こういったボランティアを実際に参加する事で、留学生の皆様にも情報提供が出来るようになったり、実際に紹介する事が出来るようになります。

今年はまだ参加ゲスト入りは発表されていなようですが、Vancouver Jazz Festivalには定期的にHiromi Uehara氏も来ており、圧倒的な世界レベルのパフォーマンスを感じさせてくれます。

普段からJazzを聞かない人も、生で見るライブの迫力とジャズの自由な感覚は良い刺激になるはずですし、何よりも日頃からJAZZを聞く、自分にとっての良い理由付けがで出来ます。Jazzフェスに向けてJazzを聞きながら勉強や仕事に励む日々も悪くないですよね。

アメリカの大学で良く聞く、【リベラルアーツ】が意味する、一般教養とは、社会科学、自然科学、数学、哲学、宗教学、芸術学全般を指すと定義されています。ローマ時代において「知識」は自由をもたらす為のツールであると考えられ、挙げられた学問は即座に役立つものではなく、精神を深め、人生をより意義深くする観点から主張されているものです。

つまり、暗記をして覚えれば良いものやテストで点数を図るものでなく、多くの人や人種、考え方や宗教的背景を持つ人たちと議論の末に、自分なりの答えを導きだすものが、「一般教養」であります。

例えばテーブルマナー等も「一般教養」のひとつで、スープをすすって飲んではいけない等も挙げられますが、ルールを「暗記」するだけでなく、やはり「何故すすって飲んでいけないのか?」などを根本的に考えて、自分なりの答えを持つ事が「一般教養」のあり方です。

何を聞かれても「意見のない人」と、何に対して興味を持ち「意見や好奇心のある人」の違いは、これら一般教養への理解度にも繋がります。

改めて、何となく分かるけど聞き慣れない音楽ジャンル、Jazzという音楽を聞く事は「芸術学」を学ぶ事であり、そこをきっかけに「社会科学」「自然科学」「哲学」「宗教学」などが複雑に重なり会っている事を感じるはずです。

Jazzという音楽とその周りの舞台、それを支えるボランティアの存在やイベント開催においての環境への取組、そこに集まる多種多様な人種とも共存や宗教的影響力の存在やその巨大なエネルギー等、全ての学問が一同に集まるEducational なEventこそ、こういった総合的な音楽フェスティバルの存在意義ですよね。

ボランティアに関わっても「お金は儲からない」と思うかもしれませんし、確かにその通りかもしれません。しかし、「お金さえ儲かれば」一般教養や品格は必要ないのでしょうか?

そもそも、国際舞台に出れば出る程、社会的立場があがればあがる程、表面だけでなく中身が問われる世界です。その時に現れたチャンスを無駄にしないように、今からしっかりと多くの経験を通して、精神的な豊かさを得るのも、「留学」の醍醐味です。

英語はただのツールであり、留学とは「英語」を学びに行くのではなく、「世界の一般教養」や「グローバルスタンダード」を学ぶ行為であるという事を「留学」の大きな側面として考える必要があります。

そして、それらの「世界の一般教養」は「世界の非常識又はガラパゴスアイランド」と揶揄される日本人から受け入れがたい事も多く、ちょっとやそっとでマスター出来るものではありません。しかし、その文化や考え方、哲学や思想を理解する事によって、「英語」の真意というものが理解できる事です。

ジャズとは一般教養である。だったら、その文化を体験する事こそが「留学」です。バンクーバーはもちろん、各留学先で行われるJazz Festivalのボランティアに登録してみましょう。

そして、その時ばかりはJazzを毎日聞いて気分を高めましょう。

初心者であれば、まずはMiles DavisやBill Evansを、Hiromi UeharaやAmy Winehouse, Erykabadu等など広く深く、自由なスタイルこそがJazzであり、まるで多国籍文化で形成されるカナダそのものを感じさせてくれるものだと思います。

今年の夏は、是非Jazz三昧の日々を。

 

【音楽でアガる】頑張る秋のプレイリスト2021

【音楽でアガる】頑張る秋のプレイリスト2021

夏が終わり秋。秋はなんだか新しいスタートに感じるのは私だけでしょうか?

こんにちは、コウダイです。

やっとア フォーリーフ留学NPO本ウェブサイトのトップページリニューアルが完了しました。時間かかりすぎて反省しきりなばかりです。

この夏、何をしていたかというと新ウェブサイトの準備はもちろん、コロナ禍により大きく留学スタイルが変わった事によるプログラムの大幅な改善と現在及びこれからの世界のニーズに合わせた留学プログラムへ厳選し、新しく作り直す必要がありました。

ただ、それだけではなく東京オリンピックが開催された為、前々から申請準備をしていたボランティアに参加する事となり、お台場にあるビーチバレーボール会場にて海外メディア通訳や某IT企業にてリモート会議通訳のオファーを頂き、ついに通訳プロデビューを果たしたり、中々新しいチャレンジの連続だったと感じます。

また、昨年とは少しずつコロナ禍の留学における環境の改善があり、いち早く留学生に門戸を開いた国、カナダへの留学が少しずつ再開し、希望の光を差しはじめ留学生の出発準備の都度に頻繁に変わるコロナ対策のルールや規則等に翻弄されつつも、自分の本業である「留学業」が増えてはじめてきているのは嬉しい限りです。

留学業界(国際教育機関・エージェント・留学保険等)はパンデミックにより著しく縮小した業種のひとつでもありますが、「英語」の需要がなくなる事はなく、新しく「通訳」としてのキャリアを構築する新しいキッカケでもありましたし、電子カルテのシステムに関わるものであった為、「医療英語」と「IT用語」の知識が深まったのも面白い経験でした。

新しい「世界」を学ぶために、Youtubeで徹底的に看護師のドキュメンタリーを見たり、論文や手術関連の動画を流し続け、「通訳とは何であるのか?」というコーチングやオンラインコースを受講し、徹底的にその世界に入り込みます。打合せがある大きなミーティングもあれば、急な会議や突然のトピックチェンジもあり会議の前は毎回冷や汗もの。Apple Watchに表示される心拍数上昇を見て、落ち着けと言い聞かせ本番に挑みます。

通訳業では待ち時間に翻訳を頼まれる事も一般的であり、翻訳過程に次々と登場する病名の確認の為、手術の画像ばかり見ていたのですが、ただの翻訳なのに手術室に立ち会っているような気分となり、やたらメディカルな夢ばかりの時期もありました。

「医療用語なんてコウダイの仕事に何の役にも立たないじゃないの?」と言われたりしましたが、以前海外で正看護師を目指す「看護進学留学」などを手がけていた時に見えなかった世界が見えてきて、少し興味が見えてきましたし、元々ヨガ講師資格取得の為に解剖学(Anatomy)はかなりしっかり学んでいたので、つ何でも知っているに超した事ないと感じます。医療通訳の需要は意外にもあると思うので、海外へ転職をしなくても、通訳レベルで英語が出来る看護師であれば、日本帰国後でも相当重宝されると思います。

10月が始まり秋の風が吹き始めました。朝晩は冷え込み始めますが気持ちの良い季節です。うだるような暑さから解放され、外をジョギングやキャンプするにも気持ちよく、冬に向けて何か色々「準備」を始めたくなる季節でもあります。

新しい自分への留学準備期間はもちろん、単身で留学をすると嫌でも自分を見つめてしまう留学中になんとなく流して元気になって欲しいプレイリストを作ってみました!良かったら、こんな音楽を流しながら勉強やトレーニングに励んで下さい。「自分探し」のBGMにも是非!笑

【留学業界】ストップ・コロナバイルス

【留学業界】ストップ・コロナバイルス

経済か?命?それともプライドか?世界で異なるコロナ対策

こんにちは、コウダイです。

日本には国交のある国の「大使館」が設けられており、その国の権利を保有する「事実上の領土」として存在するものが、東京を中心に多く立ち並んでいます。

もちろん、大使館を日本に設置している国と日本との国交が絶たれてしまえば、その「領土」=大使館は剥奪されてしまうので、日本が領土を一定条件の元に領土を貸していると考えると、分かりやすいと思います。

その国の多くの大使館職員は、現在の新型コロナのような「有事」に陥った際に最も影響を受ける国であるとも言えます。

職員はすぐに日本に帰る事が出来なかったり、感染が強大な国であれば、コロナ感染やロックダウンの影響設けます。

日本にある多くの国では大使館が必要書類等の申請の手続きをするのですが、この「大使館」は日本とその国の祝日を採用しているものだから、土日以外の休みの日が多く、少し厄介だったりします。

ドバイに本社を持つグローバル企業

昔からイギリスは大使館では政治的外交やその他の業務を行う事が中心で、査証発行や証明書関連の事務作業は国際的にも政府機関に信頼や実績を持つ民間の会社に委託されて業務が行われていました。今日ではインド発祥、現在はドバイに親会社を持つ同社がカナダ大使館の委託を受け主に書類面を中心とした代行業務も行っています。ワーキングホリデービザ他のビザ取得の為、バイオメトリックス認証(指紋採取)が必要な場合もここへ行きます。

その為、大使館が必要以上に作業を抱え込まなくて良い為、手続き等もスムーズに進むのがメリットです。また有料ではありますが、ビザ手続き業務の一部サポートや代行を依頼する事が可能なので、こういった面でも大変便利になるというわけです。

民間の会社に委託されていると考えると少し不安ですが、虚偽の申告をするわけでもありませんし、何も後ろめたい事がなければ、それ程の問題でもないですし、スピード感やサービスの内容等のメリットの方が大きいと私は考えています。

グローバル企業ですので、当然その国の方針や考え方が入ってきます。

ふとメールを見ているとメールの末尾に、Stop Coronavirus, Stay Healthy. という文が目に入りました。

 

「コロナを止めろ、健康であれ。」

新型コロナはなくらないなら、私達はどうすれば良いのだろうか?

コロナは終わるものでもありませんし、なくなるものでもありません。コロナは私達の力で止めるべきものであるのだと感じさせられます。今までのような対策ではなく、強い対策を行いながらも経済活動の制限をされないように強い気持ちで生活をする。

そして、健康であれ、というのは、コロナ太りしている場合ではないって事ですよね。

身体を鍛えて免疫力をつけるのはもちろんですが、今や最重要とも言われるようになった栄養面、健康面、糖質の量や脂質の質。トランス脂肪酸を避け、オメガ6よりもオメガ3などなどにも普段から意識をする必要があります。

オーガニックやグルテンフリー等と言い始めると「意識高い系」と揶揄されたりしますが、むしろ、それが自身の健康を守る為のこれからのスタンダードであり、本当の「意識高い系」とは、更にその上をいくようなストイックな人達の事を言うのだと痛感します。

 

Stay Healthy。健康であれ。

 

根拠もないのに語られる「コロナが終わったら」ではなく、コロナとこれからも長い付き合いになるという事を前提に考える前向きなメッセージにも見えました。

これからの留学には、2週間の自主隔離の義務付けが続きます。今は逆に「2週間隔離すれば入国出来る」と考える必要があります。何せ、このパンデミックの状況において海外に入国出来る事自体が奇跡です。

今まで以上にハードルが高くなった海外渡航や海外留学をすることによって他の先進国ではどのような対策が練られ、経済活動が行われているのか?

そして、そもそも経済活動が活発ならそれで良いのか?

価値観や幸せの考え方とは一体なんなのか?

 

それらを身を持ってして学ぶ事が出来る価値、

これからもっと高まってきそうです。

コウダイ
コウダイ
梅が咲き始め、春と花粉一気に感じ始めました。ティッシュの消費量がアメージングです。