ア フォーリーフ ホームステイ契約規約

ホームステイにおける、注意事項や契約規約をご確認ください。

ア フォーリーフ海外留学NPOホームステイプログラム契約規約

 

ホームステイの趣旨と注意点
  • ホームステイとは、家族、知人のない留学生がスムーズな海外生活をスタートさせる為、現地生活に慣れる迄の間、または留学期間全体をカバーすべく、留学先現地家族に受入を依頼し、安価な滞在費によって食事及び家具付きの部屋を提供してもらう特殊な滞在プログラムです。
  • ホームステイはホテル滞在等とは全く別であることを理解の上ご参加ください。各家庭の基本的なハウスルールに従えない方、協調性のない方、個人的な時間を多く求める方、現地家族の日常生活に対し尊重心のない方等はア フォーリーフ又は現地手配コーディネーターの判断により、参加をご遠慮頂くこともあります。
  • ご自身の希望がホームステイプログラムに適さないと思われる場合、担当カウンセラーによくご相談の上、留学期間の滞在方法を決定してください。
ホームステイの手配

1) 通常ホストファミリーの手配には、最低4週間程度の期間を必要とする。ただし、限られた地域や特定の家族構成など、参加者が特別な条件を指定する場合には、それ以上の手配期間を必要とすること、また手配が不可能な場合もある。

2) ア フォーリーフは各参加者の申込書に記載された内容に基づき、最適なホストファミリーを手配するようできる限り努力するが、シーズンや日程により全ての要望を満たすことができない場合もある。

3) ホームステイ滞在期間は、最初に申込まれた期間のみの保証とする。

4) ホームステイ手配料金及び申込期間の滞在費用は、一括で指定期日までにア フォーリーフへ全額の支払いを行う。

5)  申込み期間を超過して滞在を延長をしたい場合は、最低4週間の事前連絡をア フォーリーフ又は現地手配担当へ行う。この事前連絡は最低4週間前には行わなければならないが、延長分に関してはホスト側の都合によって、必ずしも受け入れられるとは限らない。延長したい場合はできるだけ早くア フォーリーフ担当者又は現地手配コーディネーターに申出るほうが良い。

6)  延長期間についての承諾がホストから得られた場合、ア フォーリーフ又は現地手配担当より連絡を受けた上、早急に延長期間分のステイ料金支払いをア フォーリーフへ行う。

7)  ア フォーリーフ又は現地手配コーディネーターへの連絡なく、ホストファミリーと参加者の間で、申込期間以降の滞在についての取決めを直接行った場合、ア フォーリーフはその期間に関しての責任を一切負わない。

8)  正当な理由がある場合、またそれをア フォーリーフ又は現地手配業社が正当な理由であると認めた場合、参加者はホストファミリーの変更を申出ることができる。但し、すぐに新しいホストファミリーが見つからない場合、支払い分から滞在日数分のステイ料金を差し引いた残額を返金をすることによって解決する場合もある。特別な理由がなく、単に参加者の都合、または希望によるホームステイ変更手配は、その度ごとにホームステイ手配料金を請求される。またこの場合、変更の申出日から4週間分のステイ料金はいかなる理由においても返金されない。

9) 既往症や心身の健康状態に伴い特別な配慮を必要とする場合、参加者はア フォーリーフへ、ホームステイプログラム申込み前に申出をしなければならない。また、併せて医師の診断書や渡航許可証の提出を要する場合もある。可能な限りの対応は行うがホームステイ手配が出来ないケースもあり、その場合は支払済みの手配料及び滞在費はア フォーリーフ又は現地手配コーディネーターより参加者へ返金される。

支払い方法

1)  参加者はホームステイ申込書の提出と同時に、ア フォーリーフにホームステイ手配登録料を予約金として支払わなければならない。この予約金はア フォーリーフがホストファミリーを手配できなかった場合を除き、一切返金されない。

2)  参加者の支払うホームステイ料金は、ア フォーリーフ又は現地手配業社の規定料金に基づくものとし、ア フォーリーフへ直接支払いを行う。参加者は、英語による誤解、聞き間違いなどを防ぐ為、ホームステイ先への直接支払いは一切行ってはならない。

3)  参加者は、ア フォーリーフ又は現地手配業社から紹介されたホストファミリーの承認後、ホームステイ開始日4週間前迄、または指定された支払い期日迄に必ずその滞在期間分全額のホームステイ料金の支払いを完了しなければならない。

ホームステイ条件

1. ホームステイで滞在する部屋には、ベッド、寝具、勉強に適した机またはテーブル、椅子と照明が用意される。

2.  個人的に使用する消耗品(石鹸、シャンプー・リンス、歯磨き粉、洗濯洗剤)やタオル、ドライヤー等は参加者個人で用意する。

3.  カナダでは省エネや節約を積極的に行っている家庭が多い為、洗濯が1週間に1回、照明も蛍光灯ではなく間接照明を利用しているケースが多い。参加者はこれらを承諾し、これらを理由に滞在先の変更や代金返金の要求をしない。

4.  ホームステイは地域や現地手配業者により1日2食又は3食付のプライベートルーム滞在となる。食事は必ずしもホストが準備するとは限らない。各家庭の生活スタイルに合わせ、特に朝食(シリアル、トーストなどが主流)、昼食(サンドイッチなど)は参加者が作る場合もある。3食付とは3食分の食材をホストが提供すると解釈する。ホストファミリー側の緊急事態(親族が事故に遭った、不幸があった等)でやむを得ず食事の用意が出来なかった場合、返金の対象にはならない。

5. ホストファミリーとの間でトラブルが生じた場合、参加者は速やかにア フォーリーフ又は現地手配業社に連絡する。これを怠った場合、ア フォーリーフは一切の責任を負わない。

6.  ホームステイ先の電話を使用する際には、参加者は必ずホストの許可を取り、不必要な長電話は避け、午後10時以降の電話はできるだけ控える。長距離・国際通話の場合はコレクトコールかコーリングカードを使用、または電話会社の通話毎の明細に従ってホストファミリーに支払うことを約束する。各自の使用したすべての長距離・国際通話料金は、参加者が責任を持って支払う。これが参加者によって守られない場合、その家族、親族への支払い請求がされる。

7.  ホームステイ先にインターネット接続環境があり、そのインターネットを利用する際には、参加者は決められた月額使用料をホストへ直接支払う事を約束する。また使用容量が一定を超えた場合、ホームステイ先から追加請求がありうる事を承諾する。また、必ずしも全てのホームステイ先でインターネットに接続できるとは限らないことを了承する。

8.  非喫煙のホストファミリーでは、その家の中で絶対に喫煙しない。また全てのホストファミリー宅において、各自のベッドルームでは絶対に喫煙できない。喫煙許可がある場合でも、必ずホストファミリーから指定される場所において、灰皿を利用する。

9.  参加者はホストファミリーの日常生活に積極的に参加し、またファミリーの一員として家族で役割分担している日常の用事、手伝いにも加わるよう心がける。また各家庭のハウスルールを尊重し、それに従うことを約束する。

10.  料金を必要とする場所にホストファミリーと一緒に出かける場合、特別なホストからの申し出を除き、参加者は自分の費用を負担する。

11.  ホームステイ期間中の旅行や外泊、帰宅が遅くなる(夕食がいらないなど)などの場合、必ず前もってホストに連絡をする。また個人的な都合でステイ先を一時的に離れる場合、この期間に対しての返金は一切請求できない。

12. 同じホームステイ先に複数の留学生がステイしている事は一般的である。また極力日本人留学生と滞在が重ならないように努めるが希に重なる事がある旨も了承する。

13.  ホームステイ先での飲酒は、ホストから特別な申し出、許可がない限りは禁止である。

14.  参加者は貴重品や所持品すべてを責任を持って自分で管理する。万が一、滞在中に災害や盗難、紛失にあった場合、ホストファミリー及びア フォーリーフは一切責任を負わない。

ホームステイ契約の解除

1) ホームステイ開始日より31日以前のキャンセルの場合、又は申請者の過失ではない理由によるビザ却下の場合は手配登録料CAD$210を除く、残金全額の返金とする。ホームステイ開始日より、31日以降、2週間前でのキャンセルの場合、手配登録料CAD$210に加え、到着予定日より2週間分の滞在費用を除く、残金全額の返金とする。ホームステイ開始日より2週間以降のキャンセルの場合、手配登録料CAD$210に加え、到着予定日より4週間分の滞在費用を除く、残金全額の返金とする。(※その際に発生する国際銀行間移動における手数料は自己負担)

2) 参加者と関係のない理由で、ホストファミリーの家庭事情、緊急な問題に際してホスト側がホームステイ契約の打切を申出た場合、ア フォーリーフ又は現地手配担当は代わりのホストファミリーを速やかに手配する。この場合、参加者には新たなホームステイ手配料金は請求されない。

万一、ア フォーリーフ又は現地手配業社で新しいファミリーが早急に紹介できない場合、支払い額から滞在日数分の費用を差し引いた金額の返金を受けることで滞在の終了を了承する。この際、ア フォーリーフは別の滞在方法を見つけるため、最善の努力を尽くす。

3)  参加者の個人的な理由でホームステイを打ち切る場合、参加者はホストファミリーとア フォーリーフ又は現地手配コーディネーターに終了希望日の最低4週間前に告知する必要がある。この告知が正確にされない場合、また事前の予告無しに参加者がホームステイを打切る場合には、参加者は契約の打切りが決定した時点から4週間分のホームステイ料金をア フォーリーフ又は現地手配業社に支払わなければならない。すでに支払い済みの場合には、この期間分についての返金は行われない。また、いずれの場合もア フォーリーフ又は現地手配業社は次のホストファミリーを手配する義務は負わない。

4)  参加者の不適当な行為に関する理由で、ホストファミリーがホームステイ契約の打ち切りを申出た場合、参加者は支払い済みのホームステイ料金の返金は受けられない。不適当な行為であるかどうかの判断はア フォーリーフ及び現地手配業社が有し、また、この場合、ア フォーリーフ及び現地手配業社は代わりのホストファミリーを手配する義務を負わない。

5)  以下のようなケースにおいて、ア フォーリーフ又は現地手配業社は参加者に対しての事前の予告無しにホームステイ契約を打ち切ることが可能で、また一切の返金義務も負わない。

a. 参加者がホストファミリーの家屋や家財に損害を与えた場合

b. 参加者がホストファミリーまたはその訪問客に対して肉体的または精神的な苦痛・危害を加えた場合

c. 参加者の行動、態度・意識がホームステイを継続するのに適当でないとみなされた場合

6) ア フォーリーフ又は現地手配業社いつでも参加者から支払われた全額(手配料金及び既に滞在した分の費用は返金対象外)を返金することによって、この契約書に基づいた契約を解除する権利を持つ。この場合、ア フォーリーフは契約解除以降、参加者に対する一切の責任を負わない。また、返金額は週単位での返金とする。

責任免除

1. 参加者は、ア フォーリーフ又は現地手配業社が、ホストファミリーによって提供された情報を重視し、その内容に依存する面が大きいことを理解し承認する。ホストファミリーの選択はホストファミリーから提供された情報とア フォーリーフ又は現地手配業社スタッフとの面接によってなされ、不適切とみなされたホストファミリーをア フォーリーフ又は現地手配業社のホストとして紹介しない。しかしながら、参加者のホストファミリーから得られる体験、個人的なイメージ全てをア フォーリーフが保証するものではない。

2. 参加者は、ホームステイ期間中に起こりうるいかなる傷害や、ホストファミリーの家屋、家財への損害について、すべての危険性と責任を了承している。参加者はホームステイプログラムへの参加によって生じるあらゆる傷害、損害について、ア フォーリーフとその所有者、代理人、従業員に対するすべての告訴権、請求権を放棄する。

3. 滞在終了後の問題指摘に対する返済は一切行わない(ホームステイ条件5を参照)。

その他

1. 参加者はホームステイ滞在期間中は必ず、疾病や怪我に備えてそれらをカバーする海外旅行保険に加入していなければならない。また参加者が病気、怪我等をした場合、ホストファミリーまたはア フォーリーフ又は現地手配業者の判断で医師の紹介や医療的処置を受けさせることに同意する。

2. 参加者がホストファミリーの家屋、家財また家族に対し、損害、傷害を与えた場合、参加者はそのすべての賠償責任を負う。

3. 参加者は友人や知人を直接ホストファミリーに紹介して、ホームステイ許可をとることはできない。自分のホストファミリーを誰かに推薦したい場合には、必ずア フォーリーフ又は現地手配担当に依頼する。

4. 両者は、これらの契約内容はカナダ、BC州の法律によって解釈されることを了承している。

5. 本契約書への同意・承認は、申込時のインターネット上での契約同意、承認、またFAX分に関しても本書への署名と同じ効力を持つことを理解する。

6. 外国からの移民が多いカナダでは、家族との会話の際に英語以外の言語を話すホストファミリーもいる。原則として家庭内はイングリッシュスピーキング環境であるが、参加者との会話以外は英語を使わないケースも有り得ることを理解する。

7. 返金規約は現地手配業者の用意する別途英語原文にて解釈かつ締結され、日本語翻訳はあくまで参照のため作成されたものであり、日本語の翻訳はいかなる効力も有しない事を理解し、英語原文の返金規約も確認している。

宣誓

    参加者は、知りうる情報を隠すことなく申込書に申告し、その内容が真実であることを保証し宣言する。