海外現地旅行保険

‐World Nomads-

海外からでも加入出来る海外旅行保険ワールドノマドのご案内

by ア フォーリーフ海外留学NPO

ア フォーリーフ海外留学NPOでは10年以上の海外保険案内経験を持ち、自ら多くの海外渡航経験を持つ日本損害保険協会の資格を保持する保険募集人が厳選し、自身が実際に利用した経験をもとに様々なタイプの保険をご提案しております。特に長期渡航経験の豊富な留学経験者やワーキングホリデー複数国渡航者の方には「海外生活経験者向け」の保険として海外からでも加入の出来る「海外旅行保険」のWorld Nomads (ワールドノマド)をご紹介しており、怪我なくスマートに留学やワーキングホリデーを実現する為の保険プランをご提案しております。※正式な発音はワールドノマズ

このページでご案内しております「海外旅行保険・ワールドノマド」は全て英語にて現地保険会社との直接契約となり、サポートも全て英語又は渡航先現地の言語です。留学初級者や1回目のワーキングホリデーの方には日本語での24時間アシスタントサポートがあるAIG海外留学保険を強く推奨しています。

何故、World Nomadsを選ぶのか?

24時間365日、日本国外からでも加入が可能

一般的に日本の海外旅行保険は日本からでないと加入が出来ませんが、ワールドノマドであれば海外で保険が切れた場合でもすぐに加入することが可能です。しかし、ケガや病気になった後から加入された場合、加入前のケガや病気は保険の対象外となります。無保険状態にならないように必ず保険加入期間を確認しましょう。

細かな加入期間や複数国の選択が可能

保険加入期間は短期から長期まで細かく設定が可能です。しかし、旅行保険が切れた場合に再度加入される場合は「延長」ではなく「新規加入」扱いになる為、治療中に保険が切れた場合は保険支払いが打ち切られる場合がありますので注意して下さい。 またワールドのマドはオーストラリアだけでなく東南アジアや北米等、多くの国への旅行保険へほぼ同料金で加入可能な為、海外を旅する予定がある方にとっても安心です。国によっては料金が異なる場合があるので、必ず加入時に詳細を確認して下さい。

圧倒的に安い保険料

もちろん日本語でのサポートは一切なく、すべて英語での対応になってしまいますが、万が一の時に発生する保険料は申し分ありません。日本語通訳やサポート等の安心部分の費用になりますので、「語学」の面で十分な自信がある場合はワールドノマドのような保険サービスを好まれる方もいます。加入は自己責任の上ですが、費用面で大きく抑える事が可能です。

140カ国以上の国籍の人々にサービスを提供

オーストラリアに本社を構えるワールドノマドは自国の国民だけでなく、日本を含めた他150近くの国の人達へサポートサービスを提供しています。残念ながら日本語サポートはありませんが、英語対応限定であれば日本人でもオンラインで保険加入が可能です。

波乗りなど様々なスポーツやアクティビティに対応

海外旅行、長期滞在ではスポーツやツアー等、様々なアクティビティする事が多々あります。特にオーストラリアではサーフィンやスクーバダイビング、バンジージャンプ等も人気です。自分の興味のあるアクティビティが保険対象であるか確認しましょう。

別ページで保険対象を確認(国別で異なります。Japanを選択して下さい)

携行品の盗難補償は?望まない妊娠をした時は? 

日本の保険のようにPCやスマートフォン、デジカメ等の高価な携行品は追加費用にて保険対象として補償されるなど、様々なケースに対応しており、全てオンラインで請求が可能です。 またワールドノマドのWebsiteによると、正式に処方された場合であれば望まない妊娠をした場合の堕胎行為も保険対象となっています。(*必ずご加入前に確認下さい

カトリック教徒の多いオーストラリアでは、場合によっては州を移動する必要があるかもしれませんので、常に早めの対応を心がけましょう。

主な対象者

ア フォーリーフ海外留学NPOにて推奨しているWorld Nomads保険利用対象者は以下の通りです。

‐ セカンドワーキングホリデービザ又は学生ビザ等を利用してオーストラリアでの2年目以降の滞在をされる方

‐ 長期留学又はワーキングホリデー後の保険が切れた後、日本帰国前に旅行をされる方

‐ 2回目以上のワーキングホリデーであり、なおかつ治療における医療関連の英語にもある程度の自信がある方

‐ 海外渡航先で現在保持している保険が切れてしまい、海外から加入出来る保険をお探しの方

‐ なんらかの海外生活経験者であり、病院での医療に関するコミュニケーションに通訳や日本語サポートの必要のない方

なお、カナダのワーキングホリデー留学の場合は別途カナダ国内の北米現地海外保険のご案内をしております。 通常初めての留学やワーキングホリデーには日本語サポートのある日本の海外旅行保険のご加入をお勧めしております。 詳しくは別途担当カウンセラーへご確認下さい。

海外旅行保険とは?

日本では国民のほぼ全員が何らかの保険に加入する国民皆保険制度が採用されており、保険料全額ではなく一部負担を支払っています。この日本の国民保険を海外で適用する事は理論的には可能なのですが、保険料金の制度があまりにも異なり主な留学先やワーキングホリデー先の国では医療費用が日本と比べて高額です。 初めての留学の際には万が一の時に備え、日本から海外留学保険に加入するのが一般的ですが、海外の旅行保険では渡航先から保険が加入出来る事がほとんどであり、万が一保険が切れてしまった時等にも日本に一時帰国する必要なく保険に加入する事が可能です。

保険請求はオンラインで

World Nomadsではウェブサイト上から保険金を請求出来るフォームが用意されています。必要の案内事項に従い、24時間どこからでも保険金請求が可能です。その際に病院等からの領収書やドクターからのレター等が必要になる事がありますので、余裕がある場合は事前に必要な書類を確認しておきましょう。 保険手配サービスであるWorld Nomadsはオンラインでの支払い請求サポートを行っていますが、保険金を支払う機関は別の保険会社です。日本人がWorld Nomadsを通して保険に加入する場合は、英国大手保険会社でデンマークにサポートデスクをおいているBupa Global (ブパ・グローバル)が保険を提供しています。

その為、保険金請求に関する対応も基本的にBupa Globalからです。 また保険金請求ごとにUS$100の支払いが発生する為、受け取る事保険金はUS$100が差し引かれた金額となりますので、ご注意下さい。現地の医療費用や貴重品盗難の場合は高額な為、US$100であれば決して悪くありません。

詳しい詳細は以下リンクの保険請求の規約も確認して下さい。

World Nomads – 保険金請求について[国はJapanを選択]

保険料サンプル(セカンドビザでオーストラリア滞在を1年延長する場合)

*上記は2018年9月付料金です。スタンダードプランのUS$1,239‐は、$1=約115円と計算すると約142,500円です。$1,396‐のエクスプロラープランは約160,000円ですので、数万円の追加料金でアップグレードする事が可能です。

**上記の金額には$10の恵まれない国の子どもたちや環境保護活動への支援金が含まれていますが、オプションにて寄付金額を$0〜$15と細かく選択、変更が可能です。寄付金の支払いは任意ですので義務ではありません。

お申し込み方法のご案内(日本語)*実際のお申込みはウェブサイト上、英語で行います。

1: 渡航先と期間および料金の確認

このページのTopにあるワールドノマドの料金チェックリストに必要事項を入力して下さい。クレジットカードでの支払いを伴いますのでネット環境の安定した場所で、スマホ等の小さな画面ではなく、PCやタブレット等見間違いや入力間違いのない落ち着いた環境で進めましょう。

左のサンプル画像の一番上の空欄①は渡航先を入力します。セカンドワーホリや学生ビザの方でそのまま延長滞在する場合はすでにオーストラリアにいる場合でも、Australia及びその他周辺国を選んで下さい。その他、渡航予定の国があれば追加します。

②のCountry of residenceは永住権を持っている国を指します。例え1年目のワーキングホリデー中でオーストラリアに“在住”していたとしても、日本人の場合は永住権及び市民権を保持している国のJapanを選択します。

Start Dateは現在の保険の切れる予定日、又はオーストラリアに入国する日を入力して下さい。2019年1月1日から1年間の場合は、End Dateに2019年12月31日と入力すれば自動的に1年間として計算されます。数日から数週間の短期の加入も可能ですし、長期の場合は1ヶ月単位で料金が計算されます。

最下部のTraveler’s Ageは入国時の年齢を入力します。その後、Get Priceをクリックして下さい。

2: 保険料の選択と保険プロバイダーの確認

料金プランはStandard(スタンダード)とExplorer(エクスプローラー)の2種類から選択が可能です。渡航先によって自分に合わせたプランを選ぶと良いですが、長期の滞在の場合になると予期せぬトラブルが起こりやすい為、僅かな追加料金で一部保険費用が無制限になるなど、充実した補償内容のExolorerプランが安心かもしれません。

しかし、Dental(歯科治療)等の特殊なケースはいずれのプランでも最大で$500しか出ない事から、オーストラリア等の先進国で医療費が高額な国の場合は、結果として応急処置程度に過ぎない事があります。症例や事故状況ごとに保険料費用が定められていますので、必ず各項目においての保険料を確認してからお申込み下さい。

保険会社は前述に記載の通り、英国最大手のBupa Globalが保険を提供している記述と水色の会社ロゴが表示されますので確認して下さい。オーストラリア人や米国、英国、ブラジル等一部の地域の国以外の国籍の加入者はBupa Globalになります。 BupaはBupa Australiaとしてオーストラリア国内でも最大手の民間保険であり、オーストラリア国内でも多くの教育機関や旅行代理店等で見る事が出来る、オーストラリア国内でも信用性、認知度ともに知られている保険です。

Bupa Global – 24時間緊急連絡アシスタンス(英語)[一番下のResident of all other countriesを参照]

3: 高価携行品の追加補償

次のページでは自分の持っている高額な携行品に別途保険を加える事が可能です。MacbookやiPhone等の高額スマートフォン等を持っていく予定がある場合やヨーロッパや南米等、盗難やスリ被害が多く報告されている地域に行く場合は要チェックです。 これらの高額な携行品は保険加入後に後から追加する事は出来ません。

また、対象外の商品等もあるので、事前に細かな詳細を確認しておきましょう。

World Nomads – 特定携行品と旅行保険について[国はJapanを選択]

4: 旅行者(被保険者)情報の入力

Trverlerには被保険者である保険加入者の名前を入力して下さい。

TravelerのFirst Nameには名前を、Last Nameには姓を、パスポート記載のアルファベットで入力します。その他、必要事項も入力します。 Addressは居住国の住所を入力します。主に日本人の場合は実家の住所です。

他、Secondary Address(第二住所)として別の国の住所を加える事が出来ます。 その後、規約事項であるTerms & Conditionsを確認し必要項目にチェックを入れたらContinue to paymentをクリックして保険料の支払い案内へと続きます。

5: 保険料のお支払い

クレジットカード情報を入力して、お支払いを完了すれば保険加入完了です。使用出来るカードはVisaかMaster Cardです。

支払いが無事に完了したら、保険番号が送られてきますので、いつでもすぐに出せるように保存しておきましょう。

料金はUSドルになっており各クレジットカード会社の為替レートにて計算されますので、引き落とし金額を後で必ず確認しておきましょう。

World Nomads Logo