南半球の経済を支える経済都市、目と鼻の先にはビーチのある大都会

続くインフレによる物価高だけでなく、平均時給2000円超えの賃金高で出稼ぎに外国人も増える程。中国経済の失速で左右される国の次の一手に期待。

 

 

 

街のデザイン

 

季節が日本のある北半球とまったく逆であり、最大の経済規模を誇るオーストラリアには、観光客が多く訪れる観光立国であり、資源国である為、比較的世界経済の影響を受けにくく、安定した経済活動ができる為、多くの企業の拠点があります。夏は暑くなりますが、海も近くにあり、冬はそこまで冷え込む事はありません。意外にも食文化は進んでいる部分があり、有名和食レストランやSAKEバーも人気です。各地域ごとに人種やコミュニティが異なり、イタリア街、レバノン街、ギリシャ街、中華街、インド人街、韓国人街等、多様な文化が入り混じります。

1

留学プラン・ビザの種類

 

3ヶ月以上の学生ビザを取得する長期留学や、ワーキングホリデーでの渡航が一般的です。大規模都市の為、とりあえずワーキングホリデーの最初の渡航先として安心感があり、仕事のチャンスも沢山あります。中心部とビーチの距離が近い為、様々な人が集まりやすい場所です。

一般語学研修・大学進学準備・インターンシップ (無給・有給)・専門資格取得・カレッジ/大学進学・ボランティア

ビザの種類|観光ビザ・学生ビザ・ワーキングホリデー

l

カウンセラーMEMO

 

時差が少なく季節が反対の為、オセアニアの拠点として数々の日本企業が集まるシドニーは、日本料理屋からカラオケまで、多くの日本語需要があります。英語がまったく話せなくても、仕事がかろうじて見つかる為、なんとかなってしまう環境ですが、やはり英語力によって与えられるチャンスや実際の時給が比例します。家賃が高騰している為、生活費がかかりますが、しっかりとした仕事を見つければ、学生をやりながらでもある程度の収入を見込む事が出来ますので、妥協をして現状に甘えず、常に高い目標へのモチベーションを持つ事と結果が必ず伴います。

 

▼ 以下は現地で通う事のできる語学学校等の参考例です。

小規模校、中規模校、大規模語学学校他、大学附属の語学学校等、皆様の目的とご希望・ご予算に合わせた学校をご案内しております。ご友人の紹介やウェブサイトのいちおし学校であっても、目的や性格・求めているものやビザの種類によっては、必ずしも当てはまるわけではありません。学校やビザ・留学計画を決める前に必ず一度留学カウンセラーにご相談下さい。

オーストラリアの本格派語学学校では、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの項目のレベル分けし、学生に必要な部分を徹底的に攻略し、長けている部分を伸ばします。家族経営であり、教育に重点を置くアットホームな語学学校です。

シドニー中心部と、そこからすぐのビーチタウンにキャンパスを持ち、オーストラリアのヨーロッパ文化あふれるカフェで働く為のバリスタ英語コースや、学校施設にトレーニングジムを持ち、フィットネス英語等なユニークなコース展開が人気です。

カナダを拠点にするきめ細かな授業展開で定評がある、ILSC教育グループのシドニーキャンパス。細かく選ぶ事が出来る選択授業コースの他、学校全体でボランティアに参加活動を行うなど、地域アクティビティも人気。

▼ What’s Up Sydney? / 今、シドニーで出来る事

Beautiful Morning Breakfast

シドニーの夏の気持ちい朝は、日本の生活よりも少しだけ早起きすると、新しい時間が広がります。世界的に有名になった朝食レストランBillsを始め、お洒落なカフェで気取らずに、ブレックファストを楽しむのがシドニーの楽しみ方。

Surfing Bondi Beach

シドニー周辺だけで、驚く程の数のビーチとエントリーポイントを持つ、サーフィンのメッカ。国の首都レベルの経済都市でありながら、これ程波の良いビーチに囲まれている独特な環境です。カレントで命を落とす程のポイントも少なくないので、事前聞き込みは入念に。

NightCLUB & EDM

カルチャーや心の表現を伝えるのが音楽であるとすれば、オーストラリアで出逢う音楽家達には先住民族のアボリジニ達の用いるディジュリドゥが必ず登場します。先住民族達のうったえるオージーヒップホップやJazz、Classic等ヨーロッパの音楽との融合も見事。

Sydney

▼ 他の都市も参考にしてください。

Pin It on Pinterest

Share This