世界の経済・ファッション・流行の最新を発信し続けるメガシティ

金融危機後はウォール街マンハッタン中心から、ブルックリン周辺の再発展へと地元コミュニティの成長に注目

 

 

 

街のデザイン

 

全米1位の約800万人の人口を抱え、その中の約3分の1外国人であるニューヨークは、多用な文化が織り交ざるだけでなく、まさに「自由」を感じさせてくれるアメリカらしい都市。世界の経済の中心地であり、流行の発信地である地位を不動に守り、ミュージカルダンサー、オペラ歌手、バレエ、モダンにR&B文化を独自に育み、世界金融危機の後、尚も新しいものを発信し続けています。冬は寒く、夏は暑くなるニューヨークの物価・家賃は世界でも群を抜いてトップクラスであり、留学生にとっては少しチャレンジングですが、ここにしかない何かあるのがニューヨークです。

1

留学プラン・ビザの種類

 

年々厳しくなるアメリカのビザや移民法により、制限が増えたにも関わらず多くの人がやってくるニューヨークは、たったの5、10数年前とは大きく変わり、単身武者修行がしずらくなっています。ダンスやファッションをはじめ多くの有名な専門学校等に通うか、リーズナブルな語学学校に通いながら、学生ビザにて長期滞在を実現、自分の夢や趣味を極める人が増えています。

一般語学研修・大学進学準備・インターンシップ (無給)・専門資格取得・ダンス・ファッション

ビザの種類|観光ビザ・学生ビザ(F-1/M-1)

l

カウンセラーMEMO

 

熱い想いを持っている人、観光に来ている人、海外出張で来ている人、チャンスをつかみに来ている人。良い意味でも悪い意味でも、人種があふれるニューヨークは、出会う人々によって印象や見る事の出来る世界は大きく変わります。眠らない街であり、多くの人々が行き交うニューヨークにでは、即時の決断が重要です。失敗しても、またやり直せば良いのがアメリカ、広がるチャンスは受け身ではなく、自ら進んで掴まなければなりません。東京のような都市ですが、すべてが自己責任なのがアメリカ。自分の身を守る為にも、きちんと英語を理解し、節度ある行動を心がけましょう。

▼ 以下は現地で通う事のできる語学学校等の参考例です。

小規模校、中規模校、大規模語学学校他、大学附属の語学学校等、皆様の目的とご希望・ご予算に合わせた学校をご案内しております。ご友人の紹介やウェブサイトのいちおし学校であっても、目的や性格・求めているものやビザの種類によっては、必ずしも当てはまるわけではありません。学校やビザ・留学計画を決める前に必ず一度留学カウンセラーにご相談下さい。

1975年から続く、マンハッタン中心部にある老舗語学学校。週末だけでなく、平日も遅くまでキャンパスがOPENしフレキシブルなコースが人気。特に経済的な面でとてもお得な料金が長期の語学研修が出来る為、英語以外の何かを求める人達も多く集まります。

ニューヨークに数ある学校の中でも、本格派のアメリカ密着型。英語+ファッションや、英語+フォトグラフィー等、ユニークなプログラムだけでなく、大学進学の為の事前研修やケンブリッジ試験対策コース等でも定評があります。

クラシカル映画からドキュメンタリーやショートフィルム等、これ以上ない才能の溢れるニューヨークで撮れる映像は、そこに集まるアイデアが豊富だからでもあります。総戦力デザイナー養成のNY最前線。

 

 

 

▼ What’s Up New York? / 今、ニューヨークで出来る事

 

Be a Professional Dancer

バレエ、ジャズ、コンテンポラリーからHIPHOP、世界中から集結し全てのカルチャーが交じり合う中、自分だけのカラーを作り上げて下さい。固定観念から崩されて広がるアイデアはNY生活ならではです。

Brooklyn Culture

アメリカの空前のクラフトビールを牽引する、今や最も有名なクラフトビールとなった、ブルックリン・ブルワリーはデルタ航空でも提供される事となりました。最新の文化の発信地であるブルックリンは必見の価値あり。

City and Green

古い鉄道路線を一大ガーデニングプロジェクトによって、人々の憩いの散歩道に作り上げたニューヨークは、セントラルパークを筆頭に、多くの緑とのバランスが整えられております。ジョギングコースにも最適ですが、夜間は控えましょう。

New York

▼ 他の都市も参考にしてください。

Pin It on Pinterest

Share This