芸術とロイヤリティ、世界の覇権を握る大国の品格

オーガニック・地産地消のムーブメントが広がり、ありとあらゆるコミュニティとカルチャーが交錯するファッションと芸術の都

 

 

 

街のデザイン

 

金融の中心であり、ロンドンを環状に広がり、郊外の街が広がります。エリアはZONEごとに分かれており、中心部から離れれば、その分交通費が高くなりますが、家賃も安くなります。主要な空港を3つもち、最近では上手にLCCを乗りこなせば、イギリス国内だけでなく週末を利用して気軽にヨーロッパの旅行へも行けるのも魅力。独自の経済圏を持ち、ヨーロッパ・アフリカ・中東からの距離も近く、世界で最も様々な異人種が集まる密集地域であり、近年はイスラム系富裕層も増えています。郊外にはオーガニックマーケットが各地で開かれ、キロメートル・ゼロ運動にも注目です。

1

留学プラン・ビザの種類

 

学生ビザの種類が複雑になりましたが、学生ビザでの就労が禁止になった事で、長期滞在の経済的負担が高くなっています。ロンドン近郊は物価高の為、少しでも安い語学学校を選択するのもひとつの方法です。人数制限があり抽選式ですが、YMS(ワーキングホリデー制度)もあり最長2年間の滞在が可能。

一般語学研修・大学進学準備・ファッション関連留学・専門資格取得、インターンシップ(無給)

ビザの種類|学生観光ビザ・学生ビザ(Tier4)・ワーキングホリデー(YMS)

 

l

カウンセラーMEMO

 

過去を振り返り、戦争に負けた事のない、今の世界の覇権国家である英国には、今も古き階級制度が残り、戦勝国ならではの強気な姿勢や世界のスタンダートを感じさせる歴史を持っています。英国に住む人達は、何を求めてきているのか?それを観察しながら、毎日を過ごすだけでも経済と政治の勉強です。ハングリー精神が強い人が多く集まる分、競争は激しくも行動力次第で生活費等を徹底的に抑える事も可能です。ロンドンで学ぶと決めたなら、徹底的にそのチャンスを活かす為の英語力と事前リサーチはマストです。

▼ 以下は現地で通う事のできる語学学校等の参考例です。

小規模校、中規模校、大規模語学学校他、大学附属の語学学校等、皆様の目的とご希望・ご予算に合わせた学校をご案内しております。ご友人の紹介やウェブサイトのいちおし学校であっても、目的や性格・求めているものやビザの種類によっては、必ずしも当てはまるわけではありません。学校やビザ・留学計画を決める前に必ず一度留学カウンセラーにご相談下さい。

ロンドンの中心地、Holbornにキャンパス持つEnglish Studioは長期滞在の人や移民の方を多く受け入れており、リーズナブルな料金設定が支持を得ています。1クラスの人数制限で平均20人を超える為、積極性が重要ですがこれこそが授業の質を保ち、学費を安くする秘密でもあります。

ロンドン市内以外にも、他都市にも語学学校や専門学校を展開する、British Studyグループでは、一般英語・ビジネス英語を本格的に学びたい人にも人気で、インターンシップ・プログラムも好評。日本人比率が少ないのも特徴です。

ロンドン中心と郊外にキャンパスを複数持つ、イギリスの老舗St. Gilesグループの語学学校です。英国式庭園を持ち、ゆったりとした雰囲気が勉強の環境にも適しており、ロンドン中心部にも気軽に行け、英語の勉強環境が整っております。

▼ What’s Up London? / 今、ロンドンで出来る事

Healthy Food

報道の公共性が高いイギリスでは、食にまつわるドキュメンタリーや情報も豊富で、フットマイレージやキロメートル・ゼロ運動を始め、オーガニックやマクロビ健康食等の研究にも熱心です。週末の公園には、イギリスならではのオーガニック文化が溢れています。

Hair Salon

中国人を筆頭にアジア人の中ではダントツの人気を誇る日系美容室から、ヘアスタイリングの公爵であるロンドンに立ち並ぶお洒落なヘアサロンを研究できるのもロンドンの醍醐味です。スキがあれば、どんどんと話かけて、知識を吸収しましょう。

Shopping at Notting Hill

あまりにも有名な映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台であり、ロンドンに行くのであればこの映画を事前学習として見ておくのも良い方法です。昔のロンドンと今のロンドンを比較すると英国がどのような歴史をたどっているか感じる事が出来ます。

London

▼ 他の都市も参考にしてください。

Pin It on Pinterest

Share This