英語で学ぶYOGA

英語で学ぶ欧米のヨガの哲学はポジティブで目からうろこの連続です、表現が自然と豊かにできる海外で、心の底からYOGAを楽しみ、体感してください。言葉の持つ暖かみを理解する為なら、英語の勉強もすんなりと入ってくるかもしれませんよ♪
資料請求

ネイティブ英語文化への近道


ヨガをする人たちは、とにかく優しくて穏やかな人たちばかりです。早口のネイティブと違い、ゆっくりと話しをしてくれるヨガの先生が話すネイティブ英語は、英語のリスニングの勉強にもぴったり♪

地元の人達と同じ事をする事。それこそが、地元に溶け込むコツであり、ネイティブとの交流を増やす方法です。

心も体も開放的に!


家族や友人と離れ、異国での新しい挑戦。自分と向き合う時間が増える留学生活には、自分の体と心の自己管理が重要です。適度に体を動かし、心を落ち着かせる事のできるヨガは、日本での仕事ばかりの毎日で衰えた体力を取り戻すのにも最適です。

体がすっきりとすれば、脳も活性化され、英語の勉強もはかどる事、間違いありません。

1

ヨガティーチャートレーニング


西洋のヨガと日本のヨガには異なる考え方がたくさんあります。個性豊かなヨガ講師が個性豊かなヨガ講師を育てます。アヌサラヨガを始めとした、英語で学ぶヨガの知恵や哲学、そこには目からウロコの感動があります。

キャリアチェンジやキャリアアップ、1からヨガ講師を目指す人、私達はヨガの旅路への一歩を応援いたします。

自然と都市(アーバン)が融合した、エコ都市バンクーバー

カナダバンクーバーは世界で最も住みやすい街のひとつとしても有名で大自然が溢れ、多国籍料理屋が並び、まさに老若男女、国籍を問わずに住みたい街です! 英語もとてもクリアーで、差別の少ないバンクーバーはとても安全で新しい事のスタート・留学の出発地点にもぴったりです。

ヨガレッスンはご希望に合わせて、様々なヨガスタジオのご案内が可能です。1ヶ月受け放題パスを利用して、午前は英語、午後は毎日ヨガ漬けになる生活も可能です。海が見えるヨガスタジオや森の中のヨガスタジオ、どこのスタジオ内でも穏やかに漂うアロマの香りを感じ、是非充実した毎日を送って下さい。

▼カナダ・バンクーバーの語学学校▼

夏は青空の元で行われるヨガイベントが各地域で行われ、雨の多い秋・冬はホットヨガが気持ちの良いバンクーバーはいわずと知れた北米西海岸きってのヨガタウンであり、街を歩けばヨガマットやヨガパンツを見ない日ありません。英語のクラスはダウンタウンの端にある高級コンドミニアムが立ち並ぶレンガ造りがオシャレなヒップスターの集まるエリア、Yaletown(イェールタウン)に位置する、アクティビティの充実したアットホームな語学学校CSLIをご案内しております。

総学生数およそ200人から300人規模の中規模語学学校CSLIは大きな1つのフロアに各クラスルームが広がってており、ラウンジではコーヒーやお茶を無料で飲む事が出来る為、学生達の憩いの場所となっております。毎週金曜日は授業に代わってアクティビティが行われる為、短期間でもクラスメートと一気に距離が縮まります。語学学校はヨガスタジオからも近く、午前中の語学研修レッスンが終わったあとに、ヨガレッスンを受け、シャワーを浴びて、ホームステイ先と帰宅するルーティンが主になります。 4週間プログラムではヨガスタジオにて1ヶ月受け放題パスを購入し思う存分、さまざまなヨガを体験してください。

カナダ・バンクーバー近郊にある、すべての系列のスタジオに行く事ができサウナがあるスタジオも完備されております。オシャレでモダンで、驚くほど安くて種類の豊富なヨガクラスを受けられるのは、まさにルルレモンのヨガウェアから火がついた北米屈指のヨガタウンであるバンクーバーならではです。ワーキングホリデービザ取得希望の方は、英語に当てたい時間やご予算、将来の目標と照らしあわせてオススメの語学学校やプログラムもご案内しておりますので、お気軽にご相談・お見積りご請求ください。

海とオーガニックのヨガビレッジ・バイロンベイ

カナダの西海岸バンクーバーがエコ都市(アーバンヨガ)であるならば、海辺のビーチでのんびりとした空気の流れるバイロンベイは、まさにオーガニック食品で溢れるヨガビレッジ(ナチュラルヨガ)です。裸足で街を歩く大人や子どもたち、動物や鳥、自然が豊かで溢れる街では毎週末に各周辺都市でサンデーマーケットが開かれ、ローカルの食材やアート・クラフト、ワークショップが行われ、音楽が奏でられ、オーガニック野菜や全粒粉等を使った屋台のお店も並びます。

肉体的なヨガだけではなく、精神的にリフレッシュすることのできる南国の環境は、オーストラリアならではです。バイロンベイは近年では、サーフィンとオーガニック・ヨガで急激に成長している観光タウンのひとつで、スモールコミュニティとして注目されております。

詳しくは、以下バイロンベイ紹介写真ページもご覧ください。

[Byron Bay ピクチャーガイド]

オーストラリア・バイロンベイの語学学校

英語のクラスはもともとは旅人の宿泊施設だった建物を学校に改装した面白いスタイルの学校、BBELSをご案内しております。ファミリー経営のアットホームな家庭で、オーナー自らがサーフィンや自然を楽しみ、フレンドリーな先生が集まっております。学校内には、キッチンと冷蔵庫が備わっており、ランチタイムにクッキングを楽しむ事も可能です。自転車があれば、十分に街をまわれてしまうコンパクトサイズなバイロンベイでは、自転車レンタルシステムを導入しており、ホームステイや学生寮(スチューデントロッジ)は、ほぼすべてが自転車移動可能圏内です。

学校では、ヨガティーチャートレーニングコースを目的に英語を学びに来ている人もおり、卒業生がヨガを学校のアクティビティで教えにきてくれる事もあるそうです。学校から徒歩ですぐの場所にある、ヨガスタジオは、ビーチ沿いにトレーニング施設を持っており、世界中から多くの人たちがヨガティーチャートレーニングに訪れる事でも有名です。

天気に良い海辺のビーチで自由にヨガを楽しむ事のできる環境で、心とカラダをリフレッシュ。そして脳みそが活性化したところで気持よく英語も学びましょう。英語の表現は、日本語にはないストレートな言葉がたくさんありますよ。

ワーキングホリデービザ取得希望の方は、英語に当てたい時間やご予算、将来の目標と照らしあわせてオススメの語学学校やプログラムもご案内しておりますので、お気軽にご相談・お見積りご請求ください。

 

 

 

 

目安のプランと料金比較

以下の料金はひとりひとりの目的やプラン、現在の英語力によって異なる為、あくまでも参考料金です。ご希望のヨガのジャンルによってご案内する都市や場所も変わる場合があります。最近では西洋のファッション化された、サウナ付きのファンシーなヨガスタジオから、ナチュラルな雰囲気を大切にする哲学的なヨガやアヌサラヨガも人気が出ており、その形は様々です。ナイトクラブのようにEDMで飛び跳ねるヨガやレゲエヨガ等、幅広く、ヨガ初心者の方も、現役ヨガ講師の方も、新しいアイデアのきっかけになる事間違いありません。

ヨガ漬け4週間

カナダ/午前・英語+午後・ヨガ
24/万円
  • 週15時間語学研修(4週間)
  • 入学金・教材費
  • ホームステイ(個室・4週間)
  • 滞在先手配料
  • 空港お出迎え(片道)
  • ヨガ1ヶ月受け放題パス
  • 現地滞在中の日本語サポート
  • 出発前の無料カウンセリング
  • ビザ申請手続きサポート
  • 出発直前オリエンテーション
  • 渡航中のLINE・SKYPEサポート
英語初級~

ヨガ講師資格取得

オーストラリア/英語+ヨガ
約 105/万円
  • 週25時間の語学研修(8週間)
  • 入学金・教材費
  • 学生寮(個室・自炊・8週間)
  • 滞在先手配料
  • 空港お出迎え(片道)
  • ヨガティーチャーコース20日間
  • 現地滞在先の日本語サポート
  • 出発前の無料カウンセリング
  • ビザ申請手続きサポート
  • 出発直前オリエンテーション
  • 渡航中のLINE・SKYPEサポート
  • ワーキングホリデーへの変更可
英語力中級~

*1 上記金額は、あくまで目安です。為替レートや時期によって異なる場合がありますので、担当カウンセラーにお見積りをおもとめください。

*2 料金には、航空券費用・現地での交通費・お小遣い・海外留学保険費用は含まれません。細かな詳細はお気軽にご質問ください。

*3 他、オーストラリアはブリスベンや、アメリカはニューヨークやロスアンゼルスでのヨガ留学プログラムもご案内可能です。

 

 

 

 

当NPOをご利用されたクライアント様からの声

私達カウンセラーからの話だけでなく、是非渡航された皆様の声を聞いて下さい。

【渡航都市】 【学校名】 【渡航プログラム】
オーストラリア | バイロンベイ Byron Bay English Language School ヨガ留学

 

▼ 留学出発前のイメージと実際の海外生活にはギャップがありましたか?
日本人が少ないと聞いていましたが、結構多かったように思います。それはそれで、日本でも会える友達ができたのでよかったですし、なにより日本語で話せる人がいて私は心強かったです。

▼ 1人でのご留学という事で、ご出発前に不安だった点はありますか?
ヨガのトレーニングでついていけなかったらどうしようという不安はありましたが、いざとなったらアフォーリーフさんがいるので特に生活面での不安などはありませんでした。

▼ 渡航された都市の良いところ、悪いところを教えてください。
良いところ:空気・星が綺麗 自由 人柄が優しい
悪いところ:物価が高い 蚊が多い

▼ 留学中に大変だったことや辛い事、カルチャーショックやホームシックなどはありましたか?
ヨガのトレーニング中は毎日緊張とプレッシャーの連続で正直辛かったです。でもメンバーたちの支えがあって最後まで諦めず成し遂げることができて、みんなには本当に感謝しています。

▼ 留学中、最初の時期と帰国前で、自分の中で変わった事や環境に変化はありましたか?
自らアクションを起こすことの大切さを実感しました。自分が動かなければ、状況はなにもかわりません。たとえうまく英語が話せないからとも、諦めるのではなく伝えようとすることが大事だとおもいました。

▼ 英語で話す事に対しての自信はつきましたか?
自信がついたというところまでは行きませんが、リーディングやヒアリングは以前より良くなったように思います。スピーキングはやっぱり話慣れる事が大事だと思いました。英語で伝えようとする気持ちを持ち続けたいですね。

▼ 留学中の一番の思い出は何ですか?
ヨガのトレーニング中の食事がおいしくて忘れられません。

▼ これから留学を考えている方にアドバイスや、これだけはやっておくべき点などがあれば、教えてください。
日焼けどめと蚊よけは必須です。あと私は英語の本を何冊か持っていったんですがほとんど見る時間なく、実際は電子辞書や翻訳アプリで十分でした。着るものはみんな適当なので、Tシャツ短パン何枚かあれば間に合うと思います。物価高いので、色々こっちに着いてから揃えようと思ったら意外と高くつきます。生活必需品は極力持っていった方いいかと思います。

◆日本と連絡を取る際、Skypeやスマートフォンのアプリ(LINEなど)は活用していましたか?
スマホアプリを使っていた Masako さん

Q&A / よくある質問をまとめました。

随時アップデートしてまいりますので ご質問お寄せくださいませ

以下は、ヨガ留学に関するQ&Aです。一般的な “よくある質問” はこちらもどうぞ

英語力は必要ですか?-一般ヨガクラス編-

ヨガは見よう見まねで挑戦することができ、経験がない完全な初心者からでも始められます。しかし、英語が少しでも分かれば体だけでなく心のストレッチにもなるのがヨガだと思います。是非、英語環境に慣れる為の第一歩として、英語を恐れずにチャレンジして下さい。

英語力は必要ですか?-ヨガ講師育成コース編-

ティーチャートレーニングに関しては、わずかながら日本語のコースが開催されておりますが、基本は英語のコースがほとんどです、ア フォーリーフでは、せっかく海外でヨガのクラスを受けて頂くのであれば、英語だからこそ表現出来るヨガを学んで来て頂きたい為、ヨガだけではなく英語にも重点を置く事を推奨しております。

コース参加の為に必要な語学研修期間は、ケースバイケースです。まずは一度、お問合せ下さい。

体が硬いのですが、ヨガはできますか?

ヨガは、体が柔ければ良いものではありません。普段は、ほったらかしにしがちな自分の体は、留学生活の間に、心と肉体が離れ離れになってしまって、浮足だってしまうことがあります。大地にしっかりと根っこを張り、心と肉体をつなぎ合わせるのがヨガで得られる効果です。硬いのであれば、できるところまでで結構です。隣の人と比べるものではなく、自分の心との対話の時間である事を意識して下さい。

ヨガレッスンの費用はいくらですか?

ヨガがとても身近な欧米の国では、無料ヨガレッスンや初月受け放題プラン等、お得なプロモーションが沢山あります。平均で、$10-$15 (1000円-1800円) が相場ですが、プロモーションによっては$30で2週間受け放題等、とても素晴らしいプランもあります。

ドネーション(寄付)制のヨガではいくら払うのでしょうか?

海外では、ドネーション制(寄付)のヨガクラスを見る事がしばしばあります。寄付とはいえ、無料ではありません。ヨガの時間を作る事の出来たその日に感謝して、お互いの生活を思いやる気持ちとリスペクト(敬意)を評して、$5-$15程度が目安です。気持ちよかったと感じれば、多めに出して良いですし、余裕がない時は少なめでも結構ですが、いつか自分に余裕ができた時に、そのヨガクラスのことを思い出し、周りの人へと還元して下さい。

ヨガクラスによっては、Suggested Donation Priceというものがあります。目安の寄付金額が決まっている場合もあります。遠回しの言い方のようですが、その記載がある場合、原則としては記載金額がレッスン料金という事です。

何から準備を始めるべきか?

留学を実現させるには入念な準備が必要です。まずは問い合わせ下さい。
無料留学相談を予約