クリエイティブ英語留学

SNS時代の令和における最先端の動画や映像、写真、アニメーションやゲームデザインを通して最新の現場で使われるアート用語を中心に就労レベルの英語を学びます。

Photoshopや動画編集は最新のアプリケーションを利用し、映像業界で必要となる英語のブラッシュアップが可能です。

 

場所:カナダ・BC州バンクーバー|Vancouver Film School

時期:例年4月・9月・12月 ※応相談

こんな方におすすめ:

-外資系営業やマーケティング部門での就職希望の方

-俳優、ダンサーやアーティスト志望で英語をマスターしたい方

−ハリウッド最前線で将来の活躍を目指す方の最初のステップとして

−アートを通して英語を学びたい方

カナダ西海岸の都市バンクーバーとは?

今、世界で最も映像制作の仕事とクリエイターが集まるデジタルシティへと成長!

物価の高騰するアメリカと比べ、撮影費用が安く抑えられる事から多くのハリウッドの映画や動画撮影が行われているバンクーバーでは街中に映画撮影のセットを頻繁に見かけます。 世界中から移民が集まり、日本やアジア大陸からアクセスのしやすく生活しやすい特徴を活かした都市は毎年成長を遂げ、約600万を超える移民都市へと成長しています。

2018年度の カナダメディア製作者協会(CMPA)の調査によると、今まで、映画や映像プロダクションの総制作金額においてナンバー1だった、カナダ最大の経済都市トロントのあるオンタリオ州から、バンクーバーのあるBC州がトップとなり、現時点で名目上カナダ、アメリカを含めて最大規模の映像制作の最前線と言われる地域になりました。 国立公園が広がる豊富な自然環境に加えて、十分な土地と都市が広がるバンクーバーは実際にロケ地としても多くのハリウッド映画に登場します。

調査資料はこちらから・・・ CMPA(カナダメディア制作協会)

<CMPA>

クリエイティブ英語&演劇留学で学ぶ主な内容

何故カナダで映像技術を学ぶのか?

同じ西海岸であり時差のないカナダのバンクーバーとアメリカ・カリフォルニア州LAハリウッドには映像ケーブルが物理的につながり、仕上がったデータを高速で送り込んでいます。物価高騰のアメリカの背景において、経費を安く抑えられるカナダは魅力的であり、学校内には実際のハリウッド映画撮影用のスタジオが入ってり、最先端の施設を利用出来、コンピューターやソフトウェアの使用環境も整っております。

3Dウルトラワイドモニターを提供するLGを始め各企業からもスポンサーを受ける等、若手人材開発の為の学校としても名が知られており、昔のミュージアムを改良して作られた学校である事から、防音の地下には巨大な撮影スタジオが広がっています。  学校はプロジェクトに追われた学生が常に作業ができるよう24時時間セキュリティ体制で開放されています。

留学プログラムとコースの種類

実際に日本人が留学として渡航する場合に参加するプログラムは、主にクリエイテエィブワークの為の英語を学ぶ、クリエイティブ英語クラス(English for Creative Arts)で基礎の専門用語の使い方等現代語と呼ばれるスラングを含めて学びます。

その後、スピーキングの自信をつけるのであれば、基礎演劇クラス( An Acting Essential)を取得するプログラムがに移りますが、ウェブデザインやアニメーション、フィルム等、進みたい分野が決まっていれば、クリエイティブ英語を終了した時点で、希望の本科へ移動が可能です。

全くの初心者は、ビジュアルアーツ基礎(1年コース)を受講し、すべての分野の基礎を習得している間に、進みたいクラスを決める事が可能です。

学校卒業後は1年間有効なワーキングホリデービザを利用すれば、仕事のチャンスは広がっており、採用環境次第では就労ビザ取得や永住権取得へも繋がります。

“クリエーター業界で使われる専門英語を学ぶ”

English for Creative Arts Course

このプログラムは、映画やメディア、デザインやアートにおける世界で必要とされる実際の現場の分野にて使われる英語を4ヶ月に渡って徹底的に学ぶコースです。授業はファンデーション(基礎)クラスを兼ねている事から、このコースを受講する留学生の多くは、その後デザイン関係の世界へとキャリアを積む為に、様々なコースへと進んでいく為、クラスは真剣そのものです。 映像業界、写真凝塊、アニメーションとゲームデザインにおいて必要とされる基礎知識を学びながら英語力を向上させるコースであり、その後のメディアアートの世界や実際にPhotoshop等のアプリケーションを使った課題も出されます。

詳しい授業内容

Term 1 – 8 weeks (1学期目)

English for Arts Fundamentals 1 – 114 時間 This course focuses on developing the language, fluency, and communication skills necessary for students to be able to describe projects, pitch ideas, and deliver presentations. In addition, students will learn to organize and express their ideas following instructions for various layouts and tasks using industry-specific vocabulary related to creative arts. Creative Arts Fundamentals 1 – 120 時間 Students will learn how to apply fundamental skills of visual design and aesthetic principles to photography, video and advertising projects. The course outcomes also include critical thinking, composition and image-making techniques in still photography and motion picture. Core assignments: Elements of Design and Composition; Lens-based Media and Motion Picture and Photoshop. ————————————————————————-

Term 2 – 8 weeks (2学期目)

English for Arts Fundamentals 2 – 114 時間 Students will continue to develop the language, fluency, and communication skills necessary to describe projects, pitch ideas, and deliver presentations. In addition, students will learn to organize and express their ideas following instructions for various layouts and tasks using industry-specific vocabulary related to creative arts. Creative Arts Fundamentals 2 – 120 時間 Students will continue to learn how to apply fundamental skills of visual design and aesthetic principles to photography, video and advertising projects. The course outcomes also include critical thinking, composition and image-making techniques in still photography and motion picture. Core assignments: Elements of Design and Composition, Lens-based Media and Motion Picture, Photoshop, Game Design and Animation.

“実は人間は言葉ではなく体で喋っている”

An Acting Essentials

日本人には喉を鳴らす発声音がない為、完璧な発音をする事がむずかしいと言われています。演劇や演技をする事は文化を学ぶ事であり、その文化を理解する事こそが英語をマスターする方法であると考えるバンクーバー・フィルム・スクールではローカルのカナダ人に混じり濃厚な環境で真剣に取り組む事が出来ます。 英語の発声や抑揚はドラマチックに大げさに!これはビジネスのプレゼンテーションにも同じ事が言えます。

詳しい授業内容

Term 1 (1学期目)

– Introduction to Acting
– Introduction to Voice
– Introduction to Text Analysis
– Introduction to Movement
– Introduction to Improvisation
– Introduction to Camera
– Introduction to Audition
– Voice Experience 1
– Rehearsal Lab
– Movement Experience 1

Term 2 (2学期目)

– Acting Fundamentals
– Voice Fundamentals
– Movement Fundamentals
– Improvisation Fundamentals
– Audition Fundamentals
– Camera Fundamentals
– Movement Experience 2
– Voice experience 2
– Rehearsal Lab

*更に詳細なコース詳細(英語)・・・Course Description(VFS)

留学プランの期間は「約8ヶ月〜10ヶ月間」

留学期間は前半4ヶ月間のクリエイティブアート英語の授業、 そして後半4ヶ月間は基礎演劇を学ぶコンビネーションプログラムです。

競争率が高い事から原則として、ひとつのプログラム(4ヶ月)だけではなく、ふたつ以上のプログラム(8ヶ月以上)の受講が必要になります。 全く英語や海外に慣れていなければ、参加英語レベルに満たない可能性がありますので、事前に2〜3ヶ月間の集中語学研修を入れて、英語での生活や生活環境に慣れてからバンクーバー・フィルム・スクールへ移動して頂きます。

学校の施設と特徴

一流の演劇クラスや映像クラス

巨大クロマキー合成ルーム

LGウルトラワイドアカデミー

昔の博物館を改良した建築

詳細情報

締切:各日程の定員に達し次第

定員に達し次第締め切られます。 人気クラスの映像制作コース(1年間)と音響デザインコース(1年間)は約1年待ちです。 クリエイティブ英語コースは留学生用コースの為、比較的年間を通して入学しやすくなっています。

授業料:$6,250 + $10,050(約140万円)

授業料に含まれるもの:入学金、授業料、教材費、アプリソフト

日程:2019年 / 4月、9月、12月

VFS本科開始の前に語学研修を入れる場合はその期間に応じてスケジュールを調整します。

入学条件:18歳高校卒業以上及び最低限の英語レベル

英語レベルは国際総合英語テストのIELTS5.0以上(TOEIC約550点〜600点)が必要です。特に日本人は筆記等でスコアが取れても、スピーキングで足りない場合が多々あります。

スケジュール

1日目:バンクーバー国際空港にて現地送迎ドライバーがお出迎え、そのままホームステイ先等の滞在先へ移動

2日目〜3日目:学校へ登校、オリエンテーション等 学校開始

前半4ヶ月:月〜金までバンクーバーのダウンタウンにあるバンクーバーフィルムスクールにて授業(English for Creative Arts} 学校開始

後半4ヶ月:月〜金までバンクーバーのダウンタウンにあるバンクーバーフィルムスクールにて授業(An Acting Essentials)

8ヶ月後:学校卒業後、その他本科へ進学、又はワーキングホリデービザ等に切り替えて現地にて就労経験。担当カウンセラーが都度、通学中や卒業後の進路カウンセリングも行います。

VFS(バンクーバー・フィルム・スクール)からのメッセージ

世界を目指す気鋭のクリエイターに向けて、学校スタッフより

Hi I'm Vanessa

 ‘Diversity is the engine of invention.’ – Justin Trudeau

「多様性こそ発明の為のエンジンである」

第29代現カナダ首相ジャスティン・トルドー

Vancouver Film School is a place for you to take a piece of Canada for yourself and to give a piece of Japan to us through your artwork.

Whether you edit a film, draw a superhero or program a game, you are building something unique and beautiful.

We invite you to come and explore the limits of your imagination and test your skills for a future in the creative industry. We are here to help every step of the way!

留学参考プランA&B

Aプラン:合計約10ヶ月 <事前語学研修付>

  1. 2ヶ月の英語語学研修 例:2019年10月〜11月
  2. 4ヶ月間クリエイティブ英語 例:2020年12月〜3月
  3. 4ヶ月エッセンシャルアクト 例:2020年4月〜7月

*事前にオンラインテストを受講して頂き、必要な英語力を確認してから、語学研修期間を決める為、期間には個人によって変動(2ヶ月〜6ヶ月)がある可能性があります。事前のカウンセリングにて英語の不得意な部分を補う為、ひとりひとりのタイプにあった語学学校をご案内しています。

スピーキングが苦手な日本人にお勧めの語学学校

inlingua Vancouver

インリングアメソッドと呼ばれる脳内で翻訳をせずに英語のままで理解する事を推奨する教授方法で日本人が苦手としているスピーキングへの意識を切り替えます。

豊富なアクティビティや厳しくも面倒見の良い日本人スタッフもいる為、生活面においても安心して通える学校です。バンクーバーフィルムスクールからもすぐ近くという立地。

Bプラン:合計約8ヶ月 <学科直接入学>

  1. 4ヶ月間クリエイティブ英語 例:2019年9月〜12月
  2. 4ヶ月エッセンシャルアクト 例:2019年12月〜2020年3月

*国際英語試験であるIELTSで5.0以上(TOEIC約550点〜600点)のスコアがあれば、直接クリエイティブ英語コースへ入学が可能です。 スキルアップを目指す現役の役者さんやアマチュアクリエイターの社会人の方であれば、事前に英語を勉強しておき、直接本科から入学できるように準備を進めるくらいの意気込みがあると良さそうです。

卒業生のメディア掲載等

(日本人卒業生/Alumni)

Mayumi Yoshida

Actress Mayumi Yoshida is from Tokyo, Japan. Her father being a journalist, she had an international childhood living in Washington D.C., Brussels, and Tokyo. In Tokyo, from 2005-2009 she starred in 25 theatre productions. She moved to Vancouver in 2010 to pursue her dream to be an actress in North America.  She is now working on a short film called “Akashi” which she wrote and will be directing and acting in it as well.

©IMDB(インターネット・映画データベース)

詳しくは・・・IMDb | Mayumi Yoshida

−もっと詳しく知りたい方は−

バンクーバー経済新聞

Facebook | Mayumi Yoshida 吉田真由美

滞在方法について

学校手配のホームステイ

バンクーバー・フィルム・スクールでは留学生の為、学校プロジェクトの為、24時間学校が開放されているフィルムスクールの事を良く理解しているファミリーが日々の生活をお世話してくれます。

学校手配の場合はコーディネーターとの会話はすべて英語で通訳はつきませんのでトラブルや相談等は全て英語でしなければなりません。

料金詳細等

【基本パッケージ:約3万円】 含まれるもの

  1. ホームステイ手配料
  2. 空港お出迎え(日本語非対応)

その他に必要なもの

滞在費:約8万円〜9万円(4週間/個室/3食付)※季節により料金が異なる

現地デスク手配のホームステイ

バンクーバーの現地デスクでは日本人スタッフがホームステイを査定し、困った事があれば全て日本語で対応をしてくれます。

特に日本人ならではの独自のトラブルや相談事にも対応出来る為、安心です。滞在期間中は現地オフィスの利用が可能です。到着後の学校初日が終わった後、オフィスで日本語オリエンテーションも含まれています。

料金詳細等

【日本語サポートパッケージ:約3万2000円】 含まれるもの

  1. ホームステイ手配料
  2. 空港お出迎え(日本語対応スタッフ)
  3. 現地デスク日本語オリエンテーション
  4. 現地デスクにて滞在期間中の日本語相談

その他に必要なもの

滞在費:約8万円(4週間/個室/3食付)※季節により料金が異なる

留学生に人気な滞在方法として、ルームシェアという方法をよく耳にしますが、日本から部屋の内見をせずにルームシェア先を見つける行為は、危険も伴いますので、一般的な留学エージェントだけでなく日本政府や外務省も推奨しておりません。日本人同士のルームシェアであれば比較的見つかりやすいのですが、他国籍の人とのシェアは想像以上に見つけるのが大変でストレスにもなります。じっくりとルームシェア先を見つける為にも最初の2〜3ヶ月間はホームステイにて現地の文化や生活習慣を学ぶ事をオススメいたします。

進学に関するアドバイス

驚くべき事にアメリカと比べて物価の安いカナダであり、なおかつ同じ西海岸でLos Angelesと時差のないバンクーバーはハリウッド映画制作の仕事をオファーするにおいて最適な条件が集まっており、多くの仕事やクリエイターが押し寄せてきています。現時点では恐らく最もハリウッドの映像関連の仕事が集まっていると言われているバンクーバーのレベルは世界でもトップレベルでダウンタウンの街中には至るところにスタジオが隠れています。

1つの都市だけで、日本の邦画年間全予算を凌駕する程であるバンクーバーではクリエイターたちへの手厚い待遇もあり、良いアーティストが集まり、激しい競争が行われています。芸術関連やアーティスト、俳優志望の方はもちろん、メディア関連、広報やマーケティング等志望の方にとっては、最前線で最新のプレゼンテーション技術などの感覚を得る事ができ、アメリカを含む国際的な活動をする第一歩へと繋がります。できる事なら「こんな施設の整った学校で学びたい。」と思わせてくれる、世界でも一流の学校です。

宮坂幸大

留学カウンセラー歴15年、現ア フォーリーフ海外留学NPO代表。カナダ短大(観光学部)卒業、ワーホリ2カ国、ファーム経験や海外就労経験、台湾留学、バックパッカー経験等を活かし幅広い視野でキャリアアップを中心とした留学をプランニング。

ドイツ国際教育機関ICEF認定留学エージェント、総合旅程管理主任者、留学保険代理店代表。趣味は登山、ヨガ、スノーボード、キャンプ、旅行、多言語学習。

移動方法について

バンクーバー・フィルム・スクールの留学開催場所、カナダ西海岸BC州のバンクーバーです。 初日は、バンクーバー国際空港にて現地スタッフが出口でお待ちしており、その後滞在先までお送りいたします。

日本からは東京(成田・羽田)、大阪、名古屋から直行便が出ており、直行便であれば所要時間は約8時間です。

アジア経由の経由便もありますが乗り継ぎ時間等を含める15時間以上かかるものをもありますので、合計所要時間を十分に確認下さい。

授業料や滞在費等の留学プログラム費用には交通費は含まれておりません。ご自宅から空港までの移動や航空券はご自身にてお支払いお願い申し上げます。

カナダ行きは格安航空会社のLCCの就航がない為、旅行代理店にて購入をするのが一般的です。航空券の購入はア フォーリーフ海外留学NPO提携旅行代理店のIACEトラベルにてお手伝いをしておりますので、お気軽にご相談ください。

その他にかかる費用について

授業料と滞在費用の他は、以下の通りですが、生活費用は個人の生活レベルによっても大きく異なります。

 

  • 学生ビザ申請費用(約22000円)
  • バイオメトリックス認証費(約7200円)とそれにともなう交通費等
  • 航空券費用(1年OPEN往復航空券|参考費用:約12万円〜16万円
  • 海外留学保険費用(1年|平均約24万円)
  • 滞在手配パッケージ(約3万円)*詳しくはこちら
  • 滞在費用(ホームステイ1ヶ月|約8万円・食事付)
  • カナダでの交通費(1ヶ月|約1万円)
  • 交際費・カフェ費(1ヶ月|約2万円〜8万円*個人により異なる
演技指導コースの受講について

俳優志望である必要は全くありませんが、英語でのコミュニケーションは日本と比べオーバーリアクションである事が多く、喜怒哀楽を露骨に表します。 映画やテレビの世界での大げさなリアクションや表情は英語習得において重要な点ですので、まるで俳優/女優になったつもりで胸を張って発声や表現を学ぶと英語でのスピーチ力は大きく向上します。

学生に日本人はいますか?

はい。日本人はまだまだ数える程度しかいませんが、日本人の学生もおり、卒業生の中ではアメリカや国際的な映画やドラマに出演をしたり、実際の有名な映画を手がけるチームに加わっている事も珍しくありません。 しかし、99%以上がネイティブ又は世界中の国からの将来メディアやハリウッド業界を目指す留学生が集まる環境は刺激的でありながら、競争力も高く自分を押し上げてくれます。将来世界で活躍する強いイメージを持ち、しっかりとした英語力をつけて臨む事が重要です。

持ち物について

バンクーバーフィルムスクールは学生向けコンピューター室が24時間セキュリティにて開放されており、各最新アプリケーションソフトウェアがインストールされている為、スマホさえあれば他のパソコン機器等は特に必要ありません。 洗面用具から服等、比較的多くのものは現地で安値で購入する事が可能ですので、最低限の衣類や生活用具をもってくれば大抵は現地調達可能です。冬の時期は雨が多いいので、レインジャケット等の為対策を。 ホームステイ先での洗濯は週1回が決まりなので、着替えや下着は7日分用意しましょう。 その他、持ち物リスト等については担当カウンセラーにご質問下さい。

学生生活について

学校は月曜日から金曜日までですが、必要なプロジェクトや課題提出準備がある場合は、24時間使用が可能であるコンピューターラボを活用し作品を作成します。

現地での連絡手段について

ご希望の方は事前にカナダのSIMカードを販売しています。月額プランは1年以内の短期でいつでも契約解除ができるプランをご用意しております。 しかし、学校内やホームステイ先にはWifiがあり、図書館やカフェ等でも無料Wifiが利用出来る場所は沢山ありますので、インターネット環境は非常に整っていると言えます。 現地での生活に慣れてきてから、必要に応じて携帯電話やSIMカードを購入しても問題はありませんが、ご心配の方は担当カウンセラーにご相談下さい。

英語に自信がありませんが、参加は可能ですか?

英語に自信がない方には、英語に自信をつけてもらう為の事前語学学習を受講して頂く事をお勧めしています。 しかし、バンクーバーフィルムスクールとしては、英語に自信がない方に、自信をつけるのが学校ですので、今現在、英語に自信がない分にはかまいませんが、ご本人様にも英語に自信を持つようになる強い意思が必要です。 クリエイターの世界では、努力をしなければ結果は伴わないと考えられており、自信がないなら、自信をつけるようにする姿勢が必要とされています。もちろん学校では、メンタル面でもカリキュラム面でも、自信をつけて頂く為の最高の環境を提供しています。

Q&A / よくある質問をまとめました

随時アップデートしてまいりますので ご質問お寄せくださいませ 以下は、クリエイティブ英語留学に関するQ&Aです。一般的な “よくある質問” はこちらもどうぞ

プログラム費に現地までの交通費は含まれますか?

いいえ、含まれません。 恐れいりますが、日本からカナダまでの渡航費用は別途にてご購入頂くようお願いいたします。

長期間の航空券の購入はタイミングや時期、細かなルールが航空会社によって異なる為、ア フォーリーフ海外留学NPOでは最適な航空券をご提案させて頂き、提携旅行代理店であるIACEトラベルにて航空券の手配のサポートを行なっておりますので、初めての長期渡航航空券購入でお困りの際は、担当カウンセラーまでご相談下さい。

費用のお支払いはどのようになりますか?

担当カウンセラーとの無料留学相談後、プログラムの形がまとまりましたら、お申込及びお支払いのご案内メールをお送りさせて頂いております。お申込み時にはお申込み書とパスポートコピーを頂いている他、内金として3万円を頂戴しております。その後ビザの取得の有無等によって皆様タイミングが異なりますが、ご出発の2ヶ月〜4ヶ月前には留学プログラム費用全額のお支払いが必要になります。 基本的に1年以上に渡る長期プログラムの場合は学期ごとの分割のお支払いになりますが、短期の場合は事前の一括払いが一般的です。

渡航先の国や学校、ビザ(査証)等によって異なりますので、その都度担当カウンセラーからタイミングをご案内しておりますので、ご相談下さい。

加入する保険はどのようなものですか?

私どもではAIG海外留学・ワーキングホリデー保険又はジェイアイ保険グループのたびほをご案内しております。初年度の渡航の方は日本語サポートのある留学保険を強く推奨していますが、2年目の滞在以降英語に不自由なく、日本語サポートを必要とされない場合は現地の保険への切替もご案内しています。

学校に日本語が話せる人はいますか?

講師やスタッフの中には日本在住経験等があり、日本語ができる人はいるかもしれませんが、原則的に学校内で学生とのやり取りはすべて英語です。講師として、卒業生でもあるMayumi Yoshida氏が参加される場合は日本語ので質問や会話は可能ですが、必ず講師に確認をして授業時間外で時間を作ってご相談下さい。

何から準備を始めるべきか?

留学を実現させるには入念な準備が必要です。まずは問い合わせ下さい。