学生都市であり、ビーチタウン ロンドン近郊のエネルギッシュなプチリゾート

音楽フェスやナイトクラブの若者カルチャーシーンとロンドンの距離感間が心地よい文化の交差点

 

 

 

街のデザイン

 

ロンドンから電車で僅か1時間の距離にあるビーチタウンであり、ロンドンからのぷちリゾート気分が味わえる最寄りのビーチがあるのもブライトンの特徴です。ブリティッシュなカントリーサイドを絵に書いたような、英国の雰囲気をたっぷりと残した観光地の形を見る事ができます。ロンドンに比べ学生に優しく、多くのミュージック・フェスティバルを行う土地もたっぷりとあり、自然との近さも魅力。ゲイフレンドリーであり、ナイトライフも有名で、EDMからパンク・ロック様々なシーンが混在しますが、クラブ法規制からスペインのIBIZAに音楽シーンが移行。今後の若者たちの展開にも注目。

1

留学プラン・ビザの種類

 

ブライトンからロンドンや他の学校に提携キャンパスを持つ学校が多い為、長期Student Visaで取得しても、他のキャンパスへ移動する事が可能です。日本人はそこまで多くありませんが、ロンドンからも近く比較的過ごしやすい地域ですので、最初のスタート地点として始める人も多い街です。

一般語学研修・大学進学準備・インターンシップ (無給・有給)・専門資格取得・カレッジ/大学進学・ボランティア

ビザの種類|学生観光ビザ・学生ビザ(Tier4)・ワーキングホリデー(YMS)

 

l

カウンセラーMEMO

 

度々、パーティタウンと揶揄されるブライトンですが、コミュニティのあり方には学ぶべき事も沢山あります。若者文化やカルチャーを生み出しては消えてを繰り返す、若いジェネレーションのエネルギーが溢れる誘惑も多い街なので、しっかりと自分を見失わず、なおかつそこにいる自分を楽しめるようにすることが重要なのもブライトンの特徴だと想います。ロンドンと比べやや物価も安く住みやすい街なので、ブライトンを拠点として行動をするのもひとつの方法です。日本人が少ない為、やや寂しくなりがちですが、やりたい事をやり遂げたい人にとっては楽しめる場所だと思います。

▼ 以下は現地で通う事のできる語学学校等の参考例です。

小規模校、中規模校、大規模語学学校他、大学附属の語学学校等、皆様の目的とご希望・ご予算に合わせた学校をご案内しております。ご友人の紹介やウェブサイトのいちおし学校であっても、目的や性格・求めているものやビザの種類によっては、必ずしも当てはまるわけではありません。学校やビザ・留学計画を決める前に必ず一度留学カウンセラーにご相談下さい。

ブライトン屈指の規模を誇る大学キャンパス内に入っている世界展開をしている本格的語学学校。やや高めの料金設定は、それだけのクオリティの設備や授業を受ける事の出来る信頼性からかもしれません。

隣町のHOVEには、ウェブデザインやメディアマーケティングの専門コースを姉妹校に持つ、British Studyのブライトン校。滞在中にロンドンやオックスフォード等他キャンパスへ移行出来る為、最初は少し自然の多いところで勉強を始めたい人にもオススメです。

インターナショナルコースだけでなく、パートタイムコースで学べるコースも豊富でリフレクソロジーやウェブデザインコース等も豊富で、語学学校とダブルスクールで通うのも面白いかもしれません。

▼ What’s Up Brighton? / 今、ブライトンで出来る事

Wicked Zero West Restaurant

英語のメニューを見てもサッパリな事が多く、まずは食べ物の種類から覚えなければ楽しめない外でのお食事ですが、美味しい食事を楽しむのには、しっかりとした事前の知識も大切にするのも、美味しい英国現代料理を頂く秘訣です。

Food Truck Festival

ビジネスのチャンスや就職のきっかけ、やりたい仕事との出会いは、ほんのちょっとしたカルチャーの違いから始まるのかもしれません。近年盛り上がりを見せるフードトラックフェスとツイッター等のSNSの連携はこれからのマーケティング戦略の参考になります。

 

Brighton Pier Culture

桟橋であるブライトンッピあを中心とした海辺の街は、ストリートカルチャーやパブ文化、ナイトクラブ等にアートが融合しています。変わった人たちが多く集まる理由も何かここにあるのかもしれません。

Brighton

▼ 他の都市も参考にしてください。