内陸部に発展するウエスタン文化と3000m級の山々が連なる世界遺産

オイルサンド採掘により急発展を遂げるアルバータ州、環境保護のリベラルと公共事業の保守が混在する今後のカナダのキーポイントとなる都市。

 

 

 

街のデザイン

 

世界遺産カナディアン・ロッキーへの中継地点でもあり、アルバータ州で急激な急成長を遂げるカルガリーは、幸か不幸かオイルサンド採掘によりカナダ中から職を求めて人が集まり賑わっています。環境保護問題に熱心な国立公園での活動家も多く、環境と経済での天秤に揺れるカルガリーは、極寒地域の内陸部の為、稀にオーロラが見える事も。州税がかからないTAXフリーの州である事と、経済発展により賃金の高騰し、より良い条件で仕事を手に入れられるチャンスもある、カナダ内陸部のウエスタン文化の名残を残す都市です。

1

留学プラン・ビザの種類

 

短期から中期の語学留学のワーキングホリデーでカルガリーを拠点にスタートする方もいます。大学や専門学校の選択肢が少ない為、長期学生は少なめですが、BC州とアルバータ州にまたがるロッキー山脈でのボランティアプログラムを組み入れる環境保護プログラムも人気です。

一般語学研修・大学進学準備・インターンシップ (無給・有給)・環境保護ボランティア。スキー&スノーボード

ビザの種類|観光ビザ・学生ビザ・ワーキングホリデー

l

カウンセラーMEMO

 

カナダの内陸部とはいえ、想像以上の都市発展に驚く人も少なくないカルガリーですが、オイルサンドバブルにより、景気が上向きになっているのは確かです。ある程度の英語力が要求されますが、観光リゾートも近い為、良いお給料や条件での仕事が見つかりやすい都市です。完全な英語環境で挑戦したい方にとっても良い環境で、ボランティアやコミュニティ活動に積極的に参加する事が、アルバータ州での生活を楽しむコツです。特に冬の極寒の時期はウインタースポーツやホットヨガを楽しんだり、体を動かす事を継続すると良いでしょう。

▼ 以下は現地で通う事のできる語学学校等の参考例です。

小規模校、中規模校、大規模語学学校他、大学附属の語学学校等、皆様の目的とご希望・ご予算に合わせた学校をご案内しております。ご友人の紹介やウェブサイトのいちおし学校であっても、目的や性格・求めているものやビザの種類によっては、必ずしも当てはまるわけではありません。学校やビザ・留学計画を決める前に必ず一度留学カウンセラーにご相談下さい。

バンフ国立公園他、レイクリーズ等の世界遺産の公園を管理するレンジャー達と、山の中で住み込みでボランティア活動を行うという極めて実践的で経験値に繋がるインターンシップにも近いプログラムです。事前の英語面接もあります。

カルガリー市内に構え、都市部での生活やワーキングホリデー後の仕事探し対策等、スピーキングを中心とした語学クラスから、各区種英語試験対策コース、ビジネスコース等幅広く教える、GVグループ老舗語学学校です。

長い歴史を持つ、カルガリーの中心部にある老舗語学学校Omnicom。西部劇情緒溢れる雰囲気とモダンな建物が融合しする町ではアイススケート靴さえ持っていれば、冬は町中のスケートリンクを無料で楽しめます。

▼ What’s Up Alberta? / 今、アルバータ州で出来る事

Wester Cowboy,Girl FOOD

ウエスタン文化が根強く残るアルバータ州・カルガリーと言えば、スタンピードと呼ばれるロデオに、高級肉で知られるアルバータビーフ。ウエスタン文化に沸き返る街の中で、伝統的なカナダ肉料理をがぶりと楽しんでください!

Jasper National Park

バンフより更に約4時間北上した場所に広がる世界遺産カナディアン・ロッキーの麓の国立公園であるリゾート地には、冬はスキー場や温泉が楽しめ、夏はキャンプやアウトドア、ハイキング、野生動物観察が人々を魅了します。

Old and New hip Culture

古く昔から続くカルガリーの文化の発信地であるショッピングディストリクトのInglewoodには新しいカルチャーが溢れています。

Calgary

▼ 他の都市も参考にしてください。

Pin It on Pinterest

Share This